壇上で感極まったレディー・ガガ
 - Paul Drinkwater / NBCUniversal via Getty Images

写真拡大

 現地時間10日、第73回ゴールデン・グローブ賞授賞式が米ロサンゼルスのビバリー・ヒルトン・ホテルで行われ、「アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル(原題) / American Horror Story: Hotel」に主演した歌手のレディー・ガガが、テレビドラマ部門の女優賞(テレビ映画・ミニシリーズ)を受賞した。歌手としてはグラミー賞など数々の賞に輝いてきたガガだが、映画・テレビドラマの祭典であるゴールデン・グローブ賞の受賞はこれが初めてのこと。初主演ドラマでの受賞で女優として認められた形となったガガは、壇上で感極まり涙ぐんだ。

 トロフィーを受け取ったガガは目に涙を浮かべ、声を震わせながら「わたしの人生で最高の瞬間の一つです」と喜びを表現。「わたしは歌手になりたいと思う前から、女優になりたかったんです。でも音楽の方が先にうまくいったんです」と明かし、周囲の人々への感謝の言葉を続けて喝采を浴びた。

 「アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル(原題)」は、ホテルを舞台にしたホラードラマ。ガガはそのホテルの女主人を演じ、鮮烈な印象を残した。同賞には、キルステン・ダンスト(「FARGO/ファーゴ2」)やクイーン・ラティファ(「BESSIE/ブルースの女王」)らそうそうたる女優陣がノミネートされていた。(編集部・市川遥)

第73回ゴールデン・グローブ賞授賞式は1月11日(月・祝)9:00PM〜 海外ドラマ専門チャンネルAXNで放送