「機動戦士ガンダム サンダーボルト」
第2話キービジュアル (C)創通・サンライズ

写真拡大

 アニメ「機動戦士ガンダム サンダーボルト」第2話の有料配信が、2月12日正午からスタートすることが決定した。

 視聴期限のないセル配信は、約18分の本編映像に加えて、約15分の特典映像「一年戦争に挑んだ者たち 〜Documentary of Thunderbolt〜♯2」が付属する。価格は未定で、Amazonビデオ、TUTAYA TV、ひかりTVほかで配信予定。

 バンダイチャンネル、dアニメストア、楽天ショウタイムなどでは、本編映像のみを一定期間視聴できるレンタル配信がスタート。月額制サービスのガンダムファンクラブでは、1月29日正午から最速配信が行われる。レンタル配信の価格は未定。

 同作は「ビッグコミックスペリオール」(小学館刊)で連載中の太田垣康男氏による漫画のアニメ化。「機動戦士ガンダム」で描かれた一年戦争を舞台に、ジオン公国軍のリビング・デッド師団に所属する兵士ダリル・ローレンツと、地球連邦軍ムーア同胞団のイオ・フレミングが繰り広げる宿命の戦いを全4話で描く。第2話では、イオが操るフルアーマー・ガンダムの脅威に対して、ダリルが己の右腕を引き換えにし、実験機サイコ・ザクで立ち向かう。