マドンナと息子のロッコ/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

マドンナのもとに戻ることを拒否している息子のロッコ(15)は、母親から携帯電話を取りあげられたことが原因で激怒し、父親のところに逃亡したようだと英紙ミラーが伝えている。

【写真を見る】父ガイ・リッチー監督と幼い頃のロッコ/写真:SPLASH/アフロ

関係者によれば、ロッコは厳し過ぎる母親のしつけに嫌気がさし、ロンドンに住む父親のガイ・リッチーのところに逃げ込んだのだという。「マドンナは、ロッコには厳しくしています。携帯が勉強の妨げになっていると思い、取りあげてしまったのです。彼女はガイより厳しいので、ロッコはそれが好きではありません。携帯を取りあげられた時に堪忍袋の緒が切れたようです」と関係者は同紙に話している。

ロッコは約1か月前にマドンナのツアーから逃げ出し、母親のもとに戻ることを拒否していると言われている。「ロッコは英国にいる時は目立たずに暮らせます。パパラッチに追い回されることもないし、普通に女の子たちとも話ができます」と別の関係者はザ・サン紙に証言しており、ロッコは父親と彼の妻ジャッキー、そして3人の弟や妹たちと一緒に英国で生活することを希望しているらしい。義理の母親になるジャッキーともロッコはうまく行っているようで、マドンナはそのことを快く思っていないという。

「彼女はジャッキーがロッコの愛情を受ける存在になっていることを不満に思っています」と関係者は明かしている。【UK在住/MIKAKO】