大幅な減量に成功したマライア・キャリー/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

大幅に減量して話題になっているマライア・キャリーが、美しいボディを誇示するかのようにゴールドのビキニ姿の自分の写真をインスタグラムに投稿したが、それはいくらなんでもさすがに若すぎるとネットを炎上させている。

【写真を見る】昨年のマライア。減量後との違いにびっくり!/写真:SPLASH/アフロ

マライアが1月6日にポスティングした写真は、海の浅瀬に立ったマライアが、金色に輝くビキニ姿で、まるで美の女神ヴィーナスのようにシルクの布を腰の回りにまとっているもの。腕もしなやかに締まっており、お腹もぺたんこで全く贅肉がついておらず、脚もモデルばりの細さだ。

また、マライアの顔つきも引き締まって妙に若々しく、いくらやせたといっても変わり過ぎとファンの間で議論が勃発し、「さすがにこれは、少なくとも10年以上は昔の写真だよ」「どうしてみんなマライアもやせられると思わないんだ。爆笑」などのコメントがインスタの画像についている。

また、それを転載した英紙デイリー・メール電子版にも「最近マカオで彼女のステージを見たけど、全然こんなじゃなかった」「私はファンだけど、この写真は古い。まだ胸が小さいもん」「1996年の写真」「これで騙せると本気で信じているのが不思議」「いや、マライアが昔の写真を使うのは今にはじまった話じゃないから」などのコメントが寄せられている。

マライアは恋人のジェームズ・パッカーや双子の子供たちとアンティグアでバカンスを楽しんでおり、ウェットスーツ姿で浜辺で子供たちと戯れている画像もインスタグラムに投稿している。現地でパパラッチが撮影したマライアのウェットスーツ姿もタブロイドに掲載されているが、こちらはこちらでマライアが自分で投稿している画像とは体型がまるで違うと話題になっている。【UK在住/MIKAKO】