マスクの下には大物スターがいた (C)2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

写真拡大

 SF映画の金字塔シリーズの約10年ぶりとなる新作「スター・ウォーズ フォースの覚醒」が昨年末に公開され、驚異のヒットを飛ばしている。マーク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャーら旧キャストの再結集にわく一方で、デイジー・リドリー、ジョン・ボヤーガら新キャストも注目を集めている。

 物語の途中でマスクを脱ぎ、俳優の正体が判明するキャラクターもいるが、銀河帝国の残党「ファースト・オーダー」の最高指導者スノーク役のアンディ・サーキス、酒場を営む女海賊マズ・カナタ役のルピタ・ニョンゴ、キャプテン・ファズマ役のグウェンドリン・クリスティーなど本人を確認できない登場人物も多い。

 公開後も熱が冷めやらぬなか、意外な俳優のカメオ出演が続々と明らかになっている。幸運にも「フォースの覚醒」に名前を残したスターとは?

▽ダニエル・クレイグ
カイロ・レンに捕らえられたレイが、拘束具を外すようフォースを使ったストームトルーパー役。

▽サイモン・ペッグ
惑星ジャクーのジャンク商人、アンカー・プラット役。

▽トーマス・ブロディ=サングスター
「メイズ・ランナー」シリーズなどで活躍する若手俳優。TIEファイターで逃亡しようとするポー・ダメロン、フィンを発見するファースト・オーダーの将校を演じている。

▽ビリー・キャサリン・ラード
フィッシャーの娘、ラードはレイア・オーガナ将軍率いるレジスタンスのコニックス中尉役で母娘共演。レイアを彷彿とさせる印象的な髪型で登場した。

▽ハリエット・ウォルター
故クリストファー・リーさんの姪で、ドラマ「ダウントン・アビー」などで知られるウォルターは、レジスタンス基地でチューバッカの手当てをするドクター・カロニア役で出演。

▽ジェシカ・ヘンウィック
人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のナイメリア・サンド役で知られるヘンウィックは、ポー・ダメロン指揮下で戦うレジスタンスのパイロット、ジェス・テストールを演じた。

▽ナイジェル・ゴドリッチ
レディオヘッドのプロデュースやアトムス・フォー・ピースなどの活動で知られる。ストームトルーパー「FN-9330」役で出演。

▽マイケル・ジアッキノ
エイブラムス作品の音楽を担当してきた作曲家で、ポー・ダメロンをカイロ・レンのもとに連行するストームトルーパー「FN-3181」役で出演。

▽ヤヤン・ルヒアン、イコ・ウワイス、セセプ・アリフ・ラーマン
インドネシア映画「ザ・レイド」シリーズの3人は、借金取立てのためハン・ソロを追うギャング集団「カンジクラブ」のメンバーに扮している。

▽故アレック・ギネスさん、ユアン・マクレガー
新旧3部作でオビ=ワン・ケノービを演じたふたりが、レイがルークのライトセイバーに触れた瞬間に体験するフラッシュバックの中で声の共演を果たした。

▽ブライアン・バーネル
J・K・ローリング氏の小説をドラマ化した「カジュアル・ベイカンシー」の若手俳優。ミレニアム・ファルコンに乗り込む犯罪組織「グアヴィアン・デス・ギャング」の交渉人、バラ=ティクを演じた。

▽ワーウィック・デイビス
イウォーク族のウィケットに続き、マズ・カナタの酒場にいるエイリアン、ウォリヴァンを演じた。

▽ケン・レオン
ドラマ「LOST」に出ていた中国系アメリカ人のレオンは、レジスタンスのスタトゥーラ提督役で出演。

▽ケビン・スミス
同シリーズファンとして知られるスミスは声の出演。

▽ジェラルド・W・エイブラムス
J・J・エイブラムス監督の父親でプロデューサーのジェラルド・W・エイブラムスが、「スター・トレック」シリーズに続き、息子の作品に出演。キャプテン・サイプレスを演じた。

▽グレッグ・グランバーグ
エイブラムスとは幼稚園児からの知り合いのグランバーグは本作にも出演。レジスタンスパイロット、テミン・“スナップ”・ウェクスリーを演じている。

▽ヨーナス•スオタモ
身長2メートル10センチ、29歳のバスケットボール選手スオタモは、ピーター・メイヒュー扮するチューバッカのダブル役に抜てきされた。

▽DCバーンズさん
チャリティ企画「スター・ウォーズ:フォース・フォー・チェンジ」で当選したバーンズさんは、マズ・カナタ酒場のパトロン役で出演。