遊び心を忘れないオスカー女優N・キッドマン (C)2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION
S.A.S Paddington Bear TM, Paddington TM AND PB TM are
trademarks of Paddington and Company Limited

写真拡大

 イギリス文学「くまのパディントン」シリーズを実写映画化した「パディントン」の本編特別映像が公開された。パディントンをつけ狙う謎の美女ミリセントに扮したニコール・キッドマンが宙吊りになるという、元夫トム・クルーズ主演の大ヒット作「ミッション:インポッシブル」(1996)にオマージュを捧げたシーンも登場し、製作陣の遊び心が垣間見える。

 映画は、ペルーの山奥から英国ロンドンにやってきた紳士的なクマのパディントンが、ブラウンさん一家と出会い、慣れない都会暮らしで巻き起こす騒動を描く。

 特別映像では、パディントンと、「ミッション:インポッシブル」のクルーズよろしく屋根の窓ガラスを外し、ワイヤーにぶら下がってパディントンを捕らえようとするミリセントとの攻防戦が描かれる。周到に計画されたミリセントの攻撃に気付かず、偶然にも危険を回避していくパディントンの様子がコミカルなシーンとなっている。

 「パディントン」は、1958年に第1作が発表されて以来、世界40の国と地域で翻訳され、シリーズ累計3500万部を売り上げる人気児童小説の映画化。実写化されるのは今作が初めてとなる。1月15日から全国で公開。