コートニー・カーダシアンとの交際の噂についてコメントしたジャスティン・ビーバー/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

15歳年上のコートニー・カーダシアンとの交際が噂されていたジャスティン・ビーバーは、彼女との接近がメディアに報道されたことに関して「僕は利用された」と発言している。

【写真を見る】ジャスティンとの交際説が浮上していたコートニー・カーダシアン/写真:SPLASH/アフロ

ラジオ番組「ザ・バート・ショー」に出演したジャスティンは、コートニーとの関係について質問され、「僕は利用されたのさ。そういうことだよ」と答え、「付き合っていたのですか?」と再び聞かれると、「それはないよ。そういうことさ」と話した。

しかし、ビーバーは急に思い直したように「いや、だけど、本当に彼女は素晴らしい人なんだ。もう何年も前から彼女のことは知っているしね」と言い訳がましくコートニーのことを絶賛したと英紙デイリー・メールが伝えている。

ジャスティンとコートニーの噂は昨年10月あたりからタブロイドに取りあげられるようになり、どちらもはっきりと交際を否定することはなかった。ジャスティン自身、何度か彼女とのツーショットをインスタグラムに投稿し、ファンを大騒ぎさせてきた。

「ジャスティンは、コートニー・カーダシアンといい関係になっていると友人たちに自慢している」「絶対にあの2人はデキている。それもしばらく前から」と複数の関係者がUS Weekly誌に証言していた。しかし、ジャスティンは現在、モデルのヘイリー・ボールドウィンとの交際が報じられており、カリブでのバケーションで熱烈キスを交わしている姿をジャスティン本人がインスタグラムで公開している。【UK在住/MIKAKO】