キャサリン妃の父マイケル・ミドルトン/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

ジョージ王子が現地時間6日、英ノーフォーク州にあるアンマーホール邸に近いウエストエーカー・モンテッソーリ保育園に通園を始めた。今回もキャサリン妃が撮影したという、ジョージ王子の初登園時の2枚の写真が英王室より公開されたが、ジョン・ルイスのネイビーのキルトのジャケットを着て水色のリュックを背負ったカメラ目線の写真と、左手をポケットに入れ、子供たちが遊んでいる様子を描いた壁画を右手で指さしている横顔の写真は、相変わらずあまりにキュートで、公開20分で3万件の「いいね!」がクリックされたほどの人気ぶりだ。

【写真を見る】チャールズ皇太子に似てきている?/写真:SPLASH/アフロ

誰もが「可愛すぎる!」と感じているようだが、クリスマスに公開された写真よりさらに多くなったジョージ王子にフォーカスしている写真についての関心事は、もっぱら「誰に似ているか?」ということだ。かねてからジョージ王子は、輪郭や雰囲気がキャサリン妃の父親で、ハンサムと評判のマイケル・ミドルトンに似ていると言われてきたが、マイケルの髪の毛の色はブラウンのストレート、ジョージ王子は、ブロンドでくせ毛のカールが日に日に強くなってきている。

これについてデイリー・メール紙は、父親のウィリアム王子が初登園した際の写真を並べて掲載しているが、やはり似ている部分はあるものウィリアム王子は面長で、金髪のストレート。どうみてもミドルトン家の血筋と言われてしまいそうだ。さらにデイリー・メール紙は、祖父にあたるチャールズ皇太子が、左手をポケットに入れ、右手で何かを指さしている写真を並べて掲載。「将来一国の主になるジョージ王子は、早くもチャールズ皇太子のような風格を見せている。髪の毛のウェーブも、チャールズ皇太子の遺伝のようだ」と伝えている。

それについてネットユーザーからは早くも、「以前は『マイケルに似ているから禿げない』とか言われていたけれど、髪質や癖毛が英王室方の遺伝なら、ジョージ王子もいずれは禿げてしまうの?」「こじつけもいいところだけど、ショック」「ウィリアム王子も若いころは本当に素敵だった。今はチャールズ皇太子より髪の毛が薄いので、まだウィリアム王子に似るよりはいいかも」といった悲鳴にも似た声が寄せられている。【NY在住/JUNKO】