『グレイズ・アナトミー』&『キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿』

写真拡大

1月6日(水)に開催されたピープルズ・チョイス・アワード。その席で、ヴィン・ディーゼルのポール・ウォーカーへの感動的なスピーチがあったことはすでにお伝えした通りだが、ほかに目を引いたトピックとして、あの長寿ドラマ2本の強さが光ったことも挙げられるだろう。

【関連コラム】『キャッスル』に見る男女バディ・ドラマの魅力

1本目は、6部門で候補に挙がった『グレイズ・アナトミー』。2005年から続くこの医療ドラマは、ネットワークTVドラマ部門で4回目の受賞を果たしたほか、メレディス役のエレン・ポンピオがTVドラマ女優部門で3回目の受賞を飾った。なお、製作を手掛けるションダ・ライムズは、本作の他に『殺人を無罪にする方法』と『スキャンダル』も同時ノミネートと、ヒットメイカーぶりをあらためて見せつけている。

そしてもう1本は、主役コンビが大人気の犯罪ミステリー『キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿』。2009年の放送開始以来、高い視聴率を誇る同シリーズでは、作家キャッスル役のネイサン・フィリオンが犯罪ドラマ男優部門で4年連続、刑事ベケット役のスタナ・カティックが犯罪ドラマ女優部門で3年連続となる栄誉を手にした。

ファンの投票によってノミネートと受賞が決まるため、受賞した作品/俳優は、最も人気の高い存在だと言えるピープルズ・チョイス・アワード。その称号をまたもや手にした『グレイズ・アナトミー』と『キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿』は、シリーズが長く続いている理由を自ら証明している。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『グレアナ』エレン・ポンピオ、エミー賞批判! 「オフレコ発言だが撤回しない」『グレイズ・アナトミー』シーズン11、2016年4月6日(水)よりDVDリリース!【ネタばれ】「グレイズ・アナトミー」シーズン11終盤では、なぜ1年後の未来が描かれる?