菅田将暉が中島裕翔と仲良く舞台挨拶

写真拡大

Hey! Say! JUMPの中島裕翔の初主演映画『ピンクとグレー』の初日舞台挨拶が、1月9日にTOHOシネマズ新宿で開催。初主演を務めたHey! Say! JUMPの中島裕翔、菅田将暉、夏帆、岸井ゆきの、柳楽優弥、小林涼子、行定勲監督が舞台挨拶に登壇した。菅田は「授業参観の父親みたいな気分」と持参してきたカメラで中島を撮影し、笑いをとった。

【原稿チェック】夏帆は白いブラウスとブルーのワンピースで登壇

中島は「これだけの役者陣も揃ってますし、監督が行定さんだし。映画初出演、初主演なのに、これだけ良い環境を作ってもらって幸せものです」と感想を述べた。

菅田が「今日、主演だから頑張ってフォローしている裕翔がかわいい」とちゃかすと、中島は「そういうふうにかわいいにもっていくの、やめて」と照れ笑い。行定監督も2人について「こんなに仲良くなっちゃって。でも、それがちゃんとスクリーンに映ってる」と太鼓判を押した。

菅田は、中島に殴られるシーンについて「笑顔で鼻血をたらしながら殴られるのが、すごい気持ち良かった」と言うと、中島は「当てちゃって、やばいやばいと焦っちゃって。すごい怖かった。芝居じゃなくなる間があった」と苦笑い。

そんな2人に柳楽は「お互い気持ちが役に入ってるからだよね」と2人をねぎらう。菅田も「よく続けたよ。気づいたら椅子に座っていて。そしたら目の前で裕翔が(焦って)ああ…とやっていた」と笑いながら、感心した。

『ピンクとグレー』の原作は、NEWSの加藤シゲアキの同名小説。芸能界の嘘とリアルを描いた人間ドラマとなっている。突如謎の死を遂げる人気スター、白木蓮吾役を中島裕翔が、蓮吾の死の真実を追う親友・河田大貴役を菅田将暉が、2人の初恋の人サリー役を夏帆が務める。【取材・文/山崎伸子】