厳選!2歳馬情報局(2015年版)
第30回:リーチザハイツ

 数多くの名馬を育て、「名伯楽」としての地位を築いてきた松田博資調教師(栗東トレセン/滋賀県)。これまでに幾多のGIタイトルを獲得してきたが、なかでも、牝馬によるビッグレース制覇が多かった。おかげで、「牝馬のマツパク」とも呼ばれている。

 その代表と言えるのが、3歳牝馬クラシックの二冠(桜花賞・オークス)を含め、GI6勝を挙げたブエナビスタだろう。その他にも、1993年に同じく牝馬二冠(桜花賞・オークス)を達成したベガや、2014年のGI桜花賞(阪神・芝1600m)を制したハープスターなど、時代を彩ったヒロインたちの名前が次々に挙がる。

 そんな名伯楽も来年2月で定年により引退となるが、このタイミングでまた一頭、松田調教師のもとから良血牝馬がデビューを迎えようとしている。リーチザハイツ(牝2歳/父ディープインパクト)である。

 母ドバウィハイツは、現役時代にアメリカの芝GIを2勝した活躍馬。さらに母の父ドバウィは、海外で多数のGI馬を輩出し、世界的に注目を集めている種牡馬だ。そのうえで、父は日本屈指の種牡馬ディープインパクト。そんな極上の血を引いているのが、リーチザハイツである。

 そもそもリーチザハイツは、今年6月時点でデビュー間近という状況にあったが、その準備段階で不運にも骨折。休養を余儀なくされた。それでもその後は、順調に回復。すでに厩舎に戻って来ており、年明け早々のデビューが濃厚となっている。

 初陣を前にして、気になるのは骨折の影響だが、厩舎スタッフによれば、過度の心配は必要ないようだ。関西競馬専門紙のトラックマンが語る。

「リーチザハイツは、もともと体高が低く、馬体も小さい馬なのですが、休養後は『背の高さは変わらないものの、休養前よりも馬体に幅が出て、肉付きがよくなった』とスタッフが話しています。そういった面もあって、スタッフは『骨折というアクシデントがあったものの、馬の成長をうながすには、いい休養になったかもしれない』と、骨折の影響を心配することなく、デビューが遅れたことについても、前向きにとらえていました」

 帰厩後はコンスタントに調教をこなしており、脚もとの不安などはない様子。今度こそ、予定どおりデビューの日を迎えられそうだ。先述のトラックマンが続ける。

「6月の時点で、デビューに向けてかなり負荷をかけていたので、基礎体力はそれなりにあるそうです。あとは、『最後の仕上げをやって、レースに送りたい』とスタッフ。ただ、現状の走りを見ると、正直なところ、動きは今ひとつ。いきなり勝ち負けを望むのは、酷かもしれません。実戦にいって、血統のよさが生きれば......というところでしょうか」

 現在の調教内容は決して際立ったものではないようだが、そこは良血馬であり、数々の名牝を育ててきた松田調教師の管理馬である。本番を目前にして、変わってくる可能性は大いに考えられる。

 はたして、骨折を経験したリーチザハイツは、その逆境をはねのけて、華々しいデビューを飾ることができるのか。それが叶ったとき、名伯楽もさぞかし引退を惜しむことだろう。

河合力●文 text by Kawai Chikara