2015最後の大一番、有馬記念展望(4)

 12月27日に開催されるGI有馬記念(中山・芝2500m)。GIジャパンカップ(11月29日/東京・芝2400m)を勝利したショウナンパンドラ(牝4歳)が直前で回避したものの、それ以外は現役古馬のトップクラスが顔をそろえた。ただ、その有力馬たちには、それぞれ"不安"がある。

 まず、前走のジャパンカップで3着となったラブリーデイ(牡5歳)は、これが秋4戦目となる。その疲労面は気になるところだ。あわせて、一度先頭に立ちながら最後にかわされた前走を見ると、さらに距離が延びることがプラスに働くとは考えにくい。

 ここが引退レースとなるゴールドシップ(牡6歳)も、GI6勝という実績は現役トップだが、不安は尽きない。何より精神面。集中したときは強いものの、少しでも歯車が狂えば、大敗を喫してしまう。特に今年は、それが顕著に表れていて、GI宝塚記念(6月28日/阪神・芝2200m)では、大きく出遅れて15着と惨敗。それ以来となる前走のジャパンカップでも、見せ場なく、10着に沈んだ。

 その他の有力古馬たちも、ジョッキーの乗り替わりや、一気の相手強化など、各々にマイナス要素がある。そんな戦前の状況を見ていると、昨年の有馬記念と似ていることに気づく。

 ということは、昨年の結果を振り返ることで、今年の馬券のヒントが見つかるかもしれない。

 昨年の有馬記念は、今年以上の豪華メンバーが一堂に会したが、今年と同じく有力各馬には何かしらの懸念材料があった。

 1番人気のゴールドシップは、凱旋門賞に参戦したあとの、フランスからの帰国初戦だった。2番人気のエピファネイアは、鞍上が前走ジャパンカップでの圧勝をもたらしたスミヨン騎手から、初騎乗の川田将雅騎手にスイッチしていた。

 そして、3番人気のジャスタウェイは、2000mまでしか勝利がなく、有馬記念の2500mという距離は未知の領域だった。さらに、4番人気のジェンティルドンナは、中山競馬場でのレース経験がなかった。

 そうした状況の中、レース結果は以下のようになった。

◆2014年有馬記念
1着=ジェンティルドンナ(牝5歳/4番人気)
2着=トゥザワールド(牡3歳/9番人気)
3着=ゴールドシップ(牡5歳/1番人気)
※馬齢は当時のもの。以下同。

 ジェンティルドンナが"初コース"の不安を克服して1着となり、ゴールドシップが地力の高さを見せて3着を確保した。それよりも、ここで注目すべきは、2着に割り込んだ3歳馬のトゥザワールドである。

 同馬は、9番人気だったにもかかわらず、その低評価を覆(くつがえ)して2着に入ったのである。おそらくそれは、実績十分の古馬それぞれに不安があって、付け入る隙があったからだろう。

 つまり、今年もトゥザワールドのような、生きのいい3歳馬にこそ、上位入線のチャンスがあるのではないか。昨年よりもメンバーが落ちていることを思えば、なおさらその可能性は高くなる。

 そもそも、昨年春にはGI皐月賞(中山・芝2000m)で2着に入るなど、世代トップレベルの実力を示していたトゥザワールド。しかし、3歳クラシック最終戦となるGI菊花賞(京都・芝3000m)で、2番人気ながら16着と大敗を喫した。結局、その結果が有馬記念での低評価へとつながった。

 ここから得られる"穴馬"の手がかりは、3歳世代トップレベルの実力を持っていること、そして菊花賞で人気になりながら敗れていること。

 3歳の実力馬と言えば、菊花賞馬のキタサンブラック(牡3歳)だが、菊花賞を勝って人気が上がることを考えると、ここでは推せない。代わって、上記の"手がかり"にぴったり当てはまる馬がいる。リアファル(牡3歳)だ。

 夏場の上がり馬だが、菊花賞トライアルのGII神戸新聞杯(9月27日/阪神・芝2400m)で、今春の皐月賞2着、ダービー4着という世代上位のリアルスティール(牡3歳)を撃破。その結果、本番の菊花賞(10月25日)でも1番人気に推されたほどだ。

 結局、キタサンブラック、リアルスティールに及ばず3着に終わったが、もし菊花賞を勝っていれば、おそらく有馬記念でも1、2番人気に推されていた馬。一発あっても、何ら不思議ではない。トゥザワールドと同様、菊花賞で敗れたことによって、人気が落ちるようなら、馬券的な妙味は一層増すのではないだろうか。

 ところで、不安を抱える実績上位の古馬たちの中で、その影響が最も読みづらいのは、「気分屋」と言われるゴールドシップだ。"ラストラン"ということもあって、もしレースに集中して能力を発揮することができれば、2012年以来、2度目の有馬記念制覇を決めて、有終の美を飾る可能性がある。

 そうなった場合は、やはりゴールドシップが勝った2012年の結果が馬券のヒントになるのではないだろうか。2012年の有馬記念の結果は以下のとおりだ。

◆2012年の有馬記念
1着=ゴールドシップ(牡3歳/1番人気)
2着=オーシャンブルー(牡4歳/10番人気)
3着=ルーラーシップ(牡5歳/2番人気)

 ここで見逃せないのは、人気薄で2着に飛び込んできた、オーシャンブルーだ。

 オーシャンブルーは、その年の夏の時点では、まだ1000万条件の下級クラスの馬だった。しかしそこから、着実にクラスを上げていって、有馬記念直前のGII金鯱賞(中京・芝2000m)を快勝。初の重賞制覇を飾ると、その勢いに乗って、有馬記念でも2着に入った。

 その前例から重視したいのは、夏場まで下級クラスにいて、前走で初の重賞制覇を遂げた"上がり馬"であること。

 それに相当するのは、アルバート(牡4歳)とゴールドアクター(牡4歳)の2頭。馬券的な妙味を考えるならば、昨年の菊花賞で3着だったゴールドアクターよりも、人気が低そうなアルバートか。

 アルバートは、下級クラスから4連勝を飾って、前走のGIIステイヤーズS(12月5日/中山・芝3600m)で初の重賞タイトルを手にした。しかもその内容が、2着に5馬身差をつける圧勝劇だった。成長著しい同馬が、オーシャンブルーの再現を果たしてもおかしくない。

 いよいよ目前に迫ってきたグランプリレース。はたして、ファンが夢を託した馬たちの、2015年最後の激走はどんな結末で終わるのだろうか――。

河合力●文 text by Kawai Chikara