2015最後の大一番、有馬記念展望(3)

 GI通算6勝のゴールドシップ(牡6歳)。その実績は現役では抜けた存在で、名馬の域にあることは間違いないが、その割に、いわゆる"ポカ"が多く、おかげで「気まぐれ」とも「わがまま」とも言われてきた。

 それにしても気になるのは、ここ2走。2走前の宝塚記念(6月28日/阪神・芝2200m)が15着で、前走のジャパンカップ(11月29日/東京・芝2400m)が10着。ここ2戦は連続して、見せ場を作ることなく、馬群に沈んできた。

 凡走しても、次は勝つか、悪くても馬券圏内には絡むというのが、これまでの同馬が誇る"凡走・好走の法則"だった。2013年の秋にも一度だけ、今回と同じく馬券圏外の4着以下に沈む連続敗戦を喫しているが、そのときは京都大賞典(京都・芝2400m)5着、ジャパンカップ15着で、連続ふた桁着順というのは、これまでのキャリアでは初めてのことだ。

 それでも、間近に迫ったグランプリ、有馬記念(12月27日/中山・芝2500m)のファン投票では、12万票あまりの支持を集めて、堂々の1位である。競馬ファンは、概して優等生よりも個性派を好む。要するに、現役屈指の個性派であるゴールドシップを、多くのファンは「困ったやつだ」と思いながらも、一方で「憎めないやつ」と見ているわけだ。

 そんなゴールドシップも、有馬記念が現役最後のレースとなる。

 有馬記念でのラストランと言えば、オグリキャップやトウカイテイオーの例にもあるように、かつての栄光を失いかけた名馬たちが、最後の最後で感動の復権を遂げる舞台でもある。ファン投票でゴールドシップを1位にしたファンの思いの中にも、少なからず"あの感動をもう一度"といった願いが込められているに違いない。

 そして陣営も、6つのGIのうち、4つの栄冠をともに手にしてきた、かつてのパートナー内田博幸騎手を最後の鞍上に配してきた。感動の舞台に華を添える準備は万全である。

 では、今年の有馬記念で、そうした願いや思惑どおり、ゴールドシップの復権はなるのか。

 気性面の課題が相変わらず解消されておらず、その不安は大きい。まして、それ以上に心配なのは、先に記したここ2戦のふた桁着順である。

 ゴールドシップもすでに6歳。競走馬としては、「これ以上」はなかなか望めない年齢だ。しかも、海外遠征を含めて、これまでに27戦ものレースを消化している。それに、そのほとんどが熾烈な争いを強いられてきた大舞台である。心身両面の消耗は、決して小さくはないだろう。

 そう考えると、前2走のふた桁着順は、競走能力においても、ファイティングスピリットにおいても、ゴールドシップの"衰え"を物語る結果かもしれない。そうした疑いを抱くと、復権など望むべくもない。

 はたして、その真相はどうなのか。

 関西の競馬専門紙トラックマンによれば、ここ2戦のふた桁着順には、それぞれ理由があるという。

「宝塚記念は、2秒前後の"大出遅れ"ですからね。あそこから巻き返せ、というほうが無理な話です。ジャパンカップにしても、天皇賞・春(1着。5月3日/京都・芝3200m)でゲート入りをごねて、宝塚記念でとんでもない出遅れをして、そこでまた何かアクシデントがあれば、ペナルティーとして最大目標としていた有馬記念に出られなくなる可能性があった。そのため、レース前はゲート練習を中心にして、馬のテンションを上げ過ぎないように調整せざるを得なかった。つまり、ジャパンカップのような大レースに挑む仕上げではなかった、ということです。だから、あの着順もやむ得ないことだし、ジャパンカップはノーカウントにしてもいいくらい。とにかく、ここ2戦がふた桁着順だからといって、ゴールドシップの能力面に"衰え"があるなんてことはありませんよ」

 ゴールドシップの能力的な"衰え"についての心配は、どうやら杞憂のようだ。それどころか、このトラックマンによれば、次は「ゲート難を見せればペナルティー」といった足かせがなくなった分、ゴールドシップは見違えるほどよくなっているという。トラックマンが続ける。

「この馬は調子が悪いと、すぐに歩様が硬くなってぎこちなくなるんですが、今はすごくスムーズに歩けています。攻め馬もぎりぎりまで追い込んでいるのに、逆にその強い調教が馬のやる気を引き出している。今度は、間違いなく能力全開でしょう。きっと、強いゴールドシップが見られると思います」

 もちろんゴールドシップの場合は、いかに好調だとしても、「ゲートはちゃんと出るのか」とか、「気分よく走ってくれるのか」とか、「苦手な平均ペースになって、なし崩し的に脚を使わされないか」など、不安のタネはいくらでもある。

 それでも、今年のメンバーで最も"夢"を託したいのは、この馬だ。道中は後方に待機して、3角手前から大まくりという、得意の戦法が今度はきっとハマるはずである。

「ドリームレース」と言われる有馬記念は、1年の最後を飾る感動の舞台だ。今年、その主役にふさわしい馬は、やはりゴールドシップしかいない。

新山藍朗●文 text by Niiyama Airo