2015最後の大一番、有馬記念展望(2)

 年末の大一番となるGI有馬記念(12月27日/中山・芝2500m)。強豪古馬が顔をそろえる一戦だが、それらに挑む"若手"3歳馬にも注目が必要だろう。その代表格と言えるのが、GI菊花賞(10月25日/京都・芝3000m)を制したキタサンブラック(牡3歳)だ。

 今年1月末のデビューから、破竹の3連勝。しかも3勝目は、素質馬が集結したGIIスプリングS(3月22日/中山・芝1800m)だったため、多くのファンに衝撃を与えた。その勢いのまま、牡馬クラシック第1弾となるGI皐月賞(4月19日/中山・芝2000m)でも奮闘。勝利は得られなかったものの、3着と好走した。

 続くGI日本ダービー(5月31日/東京・芝2400m)は、ハイペースに巻き込まれて14着と大敗を喫したが、秋初戦のGIIセントライト記念(9月21日/中山・芝2200m)を快勝すると、牡馬クラシック最終戦の菊花賞を制覇。距離不安がささやかれる中、そうした声を一蹴する競馬で、悲願のGIタイトルを手にした。

 展開に泣いたダービー以外は、常に安定した走りを披露してきたキタサンブラック。3歳の1月という遅いデビューながら、そのハンデをものともせず、一冠を手にして、ついに有馬記念で古馬に挑むまでに出世した。その"強さ"は、一体どこから来るのだろうか。

 この馬のルーツを探ると、近年、にわかに注目を集める牧場にたどり着く。北海道日高町にあるヤナガワ牧場――キタサンブラックの生まれ故郷である。

 親子3代で営んできたヤナガワ牧場は、スタッフが約10名、毎年30頭ほどの競走馬を生産する小さな牧場だ。それでいて、ここ数年はGI馬を相次いで輩出している。

 2007年のGIフェブラリーS(東京・ダート1600m)を勝ったサンライズバッカスや、2014年のGI高松宮記念(中京・芝1200m)を制したコパノリチャード、さらに2014年、2015年とGIフェブラリーS連覇を果たし、ダートGI5勝(地方交流GIを含む)を挙げているコパノリッキー(牡5歳)などがそうだ。

 生産牧場のランキングを見ても、2013年の14位から、2014年は11位、2015年(12月21日現在)は10位と、着実にランクアップ。牧場の規模を考えれば、異例の躍進と言えるだろう。

 そこで、同牧場の代表である梁川正普(やながわ・まさひろ)氏に、生産馬の活躍、牧場が好調な理由を聞いてみると、こんな答えが返ってきた。

「(牧場で)特別に何かをやって、それがうまくいったわけではないんです。僕らだけでなく、厩舎やジョッキー、育成牧場の方などが、生産馬に一生懸命関わってくれて、そういうものがうまく噛み合った結果だと思います」

 そうは言っても、GI馬が出るだけの環境であることは間違いない。キタサンブラックが誕生したことも、決して偶然ではなく、それだけ結果を出している牧場だったからに他ならない。つまり、キタサンブラックの強さを語るうえでは、同牧場の出身であるということが、何より欠かせない要因となる。

 実際、キタサンブラックは幼少期の頃から、素質を感じさせる存在だったという。梁川氏が当時の様子を振り返る。

「(キタサンブラックは)体つきがよくて、走りも素軽かったですね。いい馬だと思いました。ただ、1歳くらいになると、脚がグンッと伸びたので、そこだけは心配でした。あまりに脚が伸びて体高が高くなると、バランスが悪くなってしまうので。それで、しばらくは不安もあったのですが、結局は大した問題にもならず、(牧場の)期待馬になっていました。もちろん、GIを勝てるとまでは思いませんでしたけど(笑)」

 同馬の母シュガーハートも、ヤナガワ牧場の生産馬だった。生まれたときから牧場でも高く評価されていたが、デビューまであと1〜2週というところで、不運にも屈腱炎(くっけんえん/競走馬にとって「不治の病」と呼ばれる脚部の病気)を発症。無念の引退となってしまった。

 レースに出ることはなかったシュガーハートだが、その素質を信じたヤナガワ牧場が、彼女を繁殖牝馬として繋養(けいよう)した。そして、3番目に生まれた子が、のちに菊花賞馬となるのである。

 梁川氏はその子、キタサンブラックのレースぶりを見て、母親の面影を感じるという。

「母はレースに出ていないのですが、キタサンブラックのスッと先行できるスピードは、きっと母譲りだろうな、と思っています。とはいえ、体つきは母と子で、まったく違うんですよ。かといって、父のブラックタイドに似ているわけでもありません。おそらく、母と父のどちらかではなく、両方のいいところがうまく合わさったのでしょうね。それが、(キタサンブラックの)強さにつながっているのかもしれません」

 菊花賞のレース前には、3000mという距離を不安視された。それは、母シュガーハートの父が"名スプリンター"のサクラバクシンオーだったからだ。その血が、「スタミナ勝負に適さない」と考えられた。

 しかし梁川氏は、そうした心配は一切していなかった。

「馬体が母とは違うし、サクラバクシンオーとも違っていました。ですから、距離については、そこまで気にしていませんでした。それよりも、これだけの強豪相手にどこまで戦えるか。そういった相手関係のほうが不安でしたね」

 迎えた菊花賞。道中インコースを追走したキタサンブラックは、直線でわずかなスペースから抜け出して見事優勝した。現地でその雄姿を見守っていた梁川氏。自らの生産馬が"花形"であるクラシックのタイトルを制したことは、やはり格別の喜びだったようだ。

「クラシックの舞台は、『生産馬を出走させたい』と思っても、そう簡単には実現できないこと。それほどのレースで、それも強い馬を相手にして勝ってくれて、本当にうれしかったですね。オーナーの北島三郎さんとも、喜びを分かち合いましたよ」

 キタサンブラックのオーナーは、長年馬主として多くの馬を所有してきた歌手の北島三郎氏。そんな演歌界の大御所と、梁川氏の父・正克氏が旧知の仲で、ヤナガワ牧場とは50年にもわたる親交があった。それほど関係の深いオーナーの、初のGI制覇が、自らの牧場の生産馬であったことも、梁川氏の喜びを倍増させた。

 梁川氏が、オーナー・北島氏とキタサンブラックの出会いを回想する。

「北島さんは、これまでにも何頭かうちの馬を買ってくださっていて、常々『またヤナガワさんから(馬を)買いたい』と言っていただいていました。それで、『今度は走る馬が欲しいなぁ』とおっしゃって(笑)、牧場に来られたときに、キタサンブラックをご覧になったんです。そこですぐ、『いいねぇ』と。かなりほめていただいて、購入してくださいました。

 北島さんは、長い間ずっと、日高地方の馬を買ってきてくれた方で、とても馬を大切にしてくださるオーナー。その方が、GIを勝てて本当によかったですし、それがうちの生産馬ですからね、心底うれしかったです」

 キタサンブラックがつなぐ人の縁。それもまた、この馬の強さの源になっているかもしれない。

 ともあれ、GI制覇の喜びも束の間、次は有馬記念で古馬に挑む。相手はさらに強化されるが、今の勢いがあれば、チャンスは十分にあるだろう。

 当日は、梁川氏も再び現地に観戦に行くという。「まずは無事に走ってほしい」と願ったうえで、キタサンブラックにこうエールを送った。

「キタサンブラックには、レースをするたびに『こんなに強い馬なんだ』と驚かされてきました。『今回は相手が強いかな』と思っても、また勝ってきてくれたんですよね。今回も強い馬ばかりですが、なんとかがんばってもらえれば。有馬記念に出られるというのは、本当に名誉なことですから」

 偉大なる小牧場から生まれた不屈の"駿馬"キタサンブラック。演歌歌手の大物がひと目惚れした「器」は、これまでも前評判をことごとく覆(くつがえ)してきた。ならば、年末の中山競馬場で、再び奇跡を起こしてもおかしくない。第一、年忘れに『まつり』の熱唱は欠かせない。

河合力●文 text by Kawai Chikara