横山由依

写真拡大

20日放送の「アッコにおまかせ!」(TBS系)で、AKB48の2代目総監督である横山由依が、最近のAKB48は経費削減で運営されていると告白した。

番組では「ランキングで振り返る2015年芸能界」という企画で、様々なニュースのランクを取り上げた。その中で、「AKB48が日本のCDシングル総売上でB'zを抜いて1位になった」というニュースが取り上げられる。

国山ハセンアナウンサーが横山に「シングル総売上ナンバーワンを達成してメンバーのみなさんにご褒美などはありましたか?」と質問した。すると、横山は「ないんですよ。会社からはまったくないし、なんなら経費削減みたいな感じで」と厳しい事情を明かした。

その発言に和田アキ子が「経費削減?」と驚くが、横山は否定せず「最近、切り詰めてAKBやってるので」と続けた。

陣内智則が重ねて「切り詰めてAKBやってんの?」と問いただすと、横山は「そうなんですよ」と肯定する。

この懐具合の暴露に和田が「なんか(横山の出身は)京都やけど、大阪のおばちゃんみたいやな」と突っ込んで、出演者たちの笑いを誘う。

最後に横山は「ご褒美をメンバーにあげたいので、私総監督になったことなので、メンバーにご飯をご馳走したいなとは思いますね、密かにですけど」と話していた。

【関連記事】
高橋みなみ 握手会でメンバーのスキャンダルについて叱責されていた
高橋みなみ 秋元康氏から西川貴教との交際を勧められたことを明かす
和田アキ子が笑福亭鶴瓶を困惑させる 大阪限定の企画に無茶な注文