雪山のロッジが舞台の“密室”ミステリー (C) Copyright MMXV Visiona Romantica, Inc.
 All rights reserved.

写真拡大

 クエンティン・タランティーノ監督の最新作「ヘイトフル・エイト」の本ポスタービジュアルを、映画.comが独占入手した。“密室”ミステリーの舞台となる雪山のロッジを背景に、憎しみに満ちたクセもの8人が結集している。

 サミュエル・L・ジャクソンが演じる切れ者の賞金稼ぎマーキス・ウォーレンを中心に、疑心暗鬼にとらわれる“ハングマン”ジョン・ルース(カート・ラッセル)、1万ドルが懸けられたお尋ね者デイジー・ドメルグ(ジェニファー・ジェイソン・リー)、自称保安官のクリス・マニックス(ウォルトン・ゴギンズ)、愚直なメキシカンの使用人ボブ(デミアン・ビチル)、英国紳士の絞首刑執行人オズワルド・モブレー(ティム・ロス)、無口なカウボーイ、ジョー・ゲージ(マイケル・マドセン)、黒人嫌いの老将軍サンディ・スミザーズ(ブルース・ダーン)が勢ぞろいした。

 タランティーノ作品に欠かせないキャストが集結するなか、初参戦となったのが紅一点のリーと、ロバート・ロドリゲスの推薦で役を獲得したビチル。音楽はタランティーノ監督が敬愛する巨匠エンニオ・モリコーネが作曲し、美術を「キル・ビル」シリーズも手掛けた種田陽平が担当する。

 南北戦争後の雪深いワイオミング州を舞台に、吹雪のため山の上のロッジで足止めされ、一夜を共にすることになったワケありの7人の男と1人の女。誰もが疑心暗鬼にかられるなか、張り詰めた緊張をほぐすため、あるいは互いに探りを入れるため、他愛のない会話を交わす。やがて、それぞれの素性が少しずつ明らかになり、偶然集まったかのようにみえた8人の過去がつながりはじめ、予想を超えた出来事が起こる。

 脚本がリークされたために製作前にお蔵入りになりかけた本作だが、オープニングから各登場人物の何気ない会話や身振りに巧妙な伏線が張りめぐらされているといい、ブラックな笑いと過剰なアクション満載のかつてない謎解きが展開される。第73回ゴールデングローブ賞では脚本賞(タランティーノ)、助演女優賞(リー)、作曲賞(モリコーネ)の3部門にノミネート。12月25日に封切られる米国では、70ミリフィルムのワイドスクリーンでの限定公開も話題だ。

 「ヘイトフル・エイト」は、2016年2月27日から全国で公開。