出産後イベント初登壇の一青窈

写真拡大

12月19日(土)よりテアトル新宿&福岡にて先行公開され、2016年1月9日(土)より全国拡大公開される、広末涼子主演の新作映画『はなちゃんのみそ汁』の初日舞台挨拶がTOHOシネマズ天神 ソラリア館で開催され、広末涼子、滝藤賢一、一青窈ら豪華キャストが登場した。

【写真を見る】 阿久根知昭監督、一青窈、広末涼子、滝藤賢一が登壇

がんでこの世を去った千恵、33歳。5歳の娘と夫、家族との日々をつづったブログをもとにしたエッセイ「はなちゃんのみそ汁」は、2012年に発売されるや否や、大きな話題を呼び、関連書籍やテレビドラマ、教科書への採用などで社会現象を巻き起こした。そしてこの度、ついに映画化!「“はなちゃん”が暮らす福岡の初日をお祝いしたい!」と、広末らが駆け付けた。

福岡先行公開を迎えて広末は、「家族や命の温かさを感じさせてもらえる映画になったのではないかな、と思っています。初日を迎えて、皆さんの温かい笑顔を見ることができて、本当に幸せです」とコメント。映画については、「急に涙を誘われたり、また笑わされたり、そしたらまた次ちょっと切なくされたり。それがすごく日常的というか、淡々とした日常の中の小さな大切なことを教えてくれるから、すべてのエピソードが愛しくて大切です」と、その思いを語った。

また、これが出産後初のイベント出演となった一青は、「妊娠、そして今出産したあとで、私にとってはものすごい人生の大きな変換期をこの映画と過ごすことができました。それを見てくださったことがすごく私の中で嬉しい」と喜びを口に。本作のために書き下ろした「満点星」を初披露し、美しい歌声で福岡の観客を魅了。隣で聞いていた広末も口ずさみ、体を揺らしながら聴き入っていた。【MovieWalker】