『Major Crimes 〜重大犯罪課』シーズン3

写真拡大

大ヒット作『クローザー』のスピンオフドラマ、『Major Crimes 〜重大犯罪課』シーズン5の製作が決定したという。米Deadlineが伝えた。

【関連お先見!】刑事ドラマ『クローザー』で静かに進むヒロイン交代劇(From NY)

同サイトによると、『Major Crimes』新シーズンは13話構成。本作はロサンゼルス市警の重大犯罪課で、元チーフのブレンダ(キーラ・セジウィック)に代わり、チームの指揮を執ることになったレイダー警部(メアリー・ マクドネル)がベテラン捜査官たちとともに、巧みな手腕で事件を解決に導いていく物語だ。

米TNTは、ほかにレベッカ・ローミン主演のアクション・アドベンチャー『The Librarians(原題)』のシーズン3製作も決定した。また、テイ・ディグス主演の刑事ドラマ『Murder in the First(原題)』もすでに更新が決まっている。

一方で、TNTは打ち切りとなった作品も発表。ショーン・ビーン主演のスパイドラマ『Legends(原題)』はシーズン2でキャンセルとなった。さらに、1960年代のニューヨークの警察を舞台とした『Public Morals(原題)』、ホワイトハウスで起きるスキャンダルを追う、シャロン・ストーン主演の政治ドラマ『Agent X(原題)』はそれぞれ1シーズンのみで終了している。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『Major Crimes』のスピンオフ企画が進行中 主役は『クローザー』のあの人!『MAJOR CRIMES』シーズン2、ウーマンラッシュアワー村本の吹替に、プロベンザが「ああ。それがどうした、このばかったれ」『クローザー』超えの人気! 『MAJOR CRIMES』シーズン2、11月19日DVDリリース決定!