長澤まさみがサンタ帽で登壇

写真拡大

人気ゲームが原作のTVアニメの劇場用映画第2弾『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』の初日舞台挨拶が、12月19日にTOHOシネマズ六本木で開催。ゲスト声優の長澤まさみ、堀ちえみ、博多華丸・大吉、ジバニャン役の小桜エツコ、日野晃博クリエイティブプロデューサーが登壇した。

【写真を見る】長澤まさみと堀ちえみの美脚に注目

クロストークでクリスマスの思い出や予定について聞かれたゲスト陣。長澤は「いつも仕事のイメージがありますが、今年は、友達とクリスマスパーティをしようという話をしています。パーティの後は、豚骨ラーメンを食べようかと」と博多出身の博多華丸・大吉にアピールした。

堀は「毎年、クリスマスケーキです。今年はチキンと、それプラス豚骨ラーメンを食べてみようかと。家族で過ごします」と続けて博多をプッシュ。博多華丸は「ありがとうございます。紅しょうがを加えるとクリスマスカラーになるかと」とうれしそうに語った。

博多大吉は、子どもの頃「父親が無職で、サンタが手ぶらで来る時もあった」という寂しい思い出を語った後「でも、そんな僕が(『妖怪ウォッチ』の)メダルになりましたから。人生何が起こるかわからない」と喜びを口にした。

最後に、ジバニャン役の声優・小桜エツコが「ライバルは、スターなんちゃらじゃなく、昨年の俺たちニャン。歴史を塗り替えるニャン」と『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(公開中)を意識した力強い言葉で舞台挨拶を締めくくった。

『妖怪ウォッチ』では、妖怪の姿が見える不思議な時計“妖怪ウォッチ”を手に入れた小学生ケータが、個性豊かな妖怪たちとの交流を経て成長していく。ケータと行動を共にするジバニャンのほか、USAピョンら新たな妖怪たちも登場する。【取材・文/山崎伸子】