『マイ・ファニー・レディ』

写真拡大

『フレンズ』のジェニファー・アニストンが、自己中心的なセラピストというコミカルなキャラクターを好演した映画『マイ・ファニー・レディ』。本日12月19日(土)より公開となった本作から、キャスト、スタッフが登場する貴重なインタビュー映像が届いた。

【関連動画】『マイ・ファニー・レディ』インタビュー映像はこちら!

ジェニファーをはじめ、若手女優のイモージェン・プーツ、オーウェン・ウィルソン(『ミッドナイト・イン・パリ』)ら出演者も出てくるこの映像で語られるのは、貴重な裏話の数々。特に、ジェニファーのキャスティングについてピーター・ボグダノヴィッチ監督が明かす舞台裏を聞いてから本編を観ると、より楽しめること請け合いだ。

『ラスト・ショー』『ペーパー・ムーン』の名匠による13年ぶりの新作は、ウディ・アレン監督作のように、さまざまな登場人物が絶妙のケミストリーを醸し出す群像劇。『グランド・ブダペスト・ホテル』のウェス・アンダーソン、『フランシス・ハ』のノア・バームバックが、製作として参加している。

高級コールガールをしていたイジーは、お客としてブロードウェイの演出家アーノルドと知り合う。その後、彼女はアーノルドの妻デルタが主演する舞台のオーディションを受けることに。舞台を成功させようと奔走するアーノルド、デルタに好意を寄せるスター俳優セス、イジーに一目惚れする常識人の脚本家ジョシュ、その恋人で人の話を聞かないセラピストのジェーン...。果たして、舞台は無事に初日を迎えることができるのか? ひょんなことから複雑に絡み合っていく人間模様が、幸福な笑いの連鎖を生み出す。大人になりきれない情けなくも愛おしい男女が巻き起こす、大人のためのロマンチック・コメディだ。

『マイ・ファニー・レディ』は、12月19日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・NBC、『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』の続編ドラマを製作!ジャスティン・セロー、ジェニファー・アニストンとのハネムーンで九死に一生!?今まで誰も気づかなかった!? 『フレンズ』米再放送でジェニファー・アニストンの代役が映り込むアクシデント!