『白鯨との闘い』

写真拡大

太平洋沖4800kmという死の海域で捕鯨船エセックス号を襲った衝撃の実話を描いた映画『白鯨との闘い』。ハーマン・メルヴィルの小説「白鯨」の元となった真実のストーリーだ。『アベンジャーズ』のクリス・ヘムズワーズ、『007 スペクター』のベン・ウィショーなどが出演する本作から、もう一人の主役である巨大な白鯨が初めて姿を現す本編映像が解禁された。

【関連動画】『白鯨との闘い』特別映像はこちら!

この映像は、海中を進む鯨の巨大さを示すシーンから始まる。スクリーンに全く収まらない姿から、まるでこの世のものではないような強大さと捕らえどころのない不気味さが伝わってくるこの鯨が、船を強襲。乗組員たちは一体何が起きているのかすら分からないまま、極限状態に追い込まれていく...。

これまでにも『アポロ13』『ラッシュ/プライドと友情』といった真実の物語を実写化してきたアカデミー賞監督のロン・ハワードは、「実話を映画化することは、僕のキャリアの初期においてひどく恐ろしいものだった。実話は制限を与えるものだと思っていたからね。でも今では、その反対だと思っている。フィクションなら観客が決して受け入れない突拍子も無いストーリーであっても、僕らの想像を遥かに超える真実にはかなわない」と語っている。

『白鯨との闘い』は2016年1月16日(土)、新宿ピカデリーほか全国劇場で3D/2D同時公開。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・死の海域での極限状態を描くロン・ハワード監督作『白鯨との闘い』、邦題と公開日が決定!クリス・ヘムズワース、役作りのため1日500キロカロリーの過激なダイエット中!英国人気俳優×シェイクスピアの『ホロウ・クラウン/嘆きの王冠』が日本初上陸!