最後の1人になるまで殺し合う
ソリッドシチュエーションホラー (C)2016「ドクムシ」製作委員会
(C)合田蛍冬八頭道尾/双葉社・E★エブリスタ

写真拡大

 八頭道尾氏が手がけたネット小説を村井良大と武田梨奈のダブル主演で映画化する「ドクムシ」が、2016年4月9日からR15指定で全国の劇場と動画サイト「ニコニコ」のネットシネマで公開されることが決定した。

 原作は、2013年に小説投稿コミュニティ「E★エブリスタ」に投稿された小説「コドク〜蠱毒」。その後双葉社から発売された電子コミック版が、350万ダウンロードを超える大ヒットを記録した人気作だ。あらゆる場所に監視カメラが仕掛けられた建物内で目覚めた7人の男女が、7人の人間を特定の場所に7日間監禁して殺し合わせ、“生き残った1人=最強の毒虫”を生み出すデスゲーム“蠱毒(コドク)”に身を投じる。

 「クソすばらしいこの世界」の朝倉加葉子監督がメガホンをとり、原作の持つ残酷性をより膨らませ、小説、コミックとは異なるエンディングを映し出す。キャストは、「仮面ライダーディケイド」の仮面ライダークウガ役でブレイクし舞台「弱虫ペダル」やミュージカル「RENT」など多方面で活躍する村井と、本格的なアクション女優として「進撃の巨人」などの話題作への出演が続く武田の新鋭2人が主演を務める。村井は、理性と本能の狭間で葛藤する大学生のレイジ、武田は女の武器を使って生き延びようとするキャバクラ嬢に扮し、極限状態に追い詰められていくさまを体当たりで演じる。

 このほか、「劇団EXILE」に所属する秋山真太郎、「SR サイタマノラッパー」シリーズの駒木根隆介、芸能事務所トップコート主催のオーディション「トップコート20thスターオーディション」グランプリの水上京香、「ウルトラマンギンガS」の宇治清高ら、注目株がそろう。「ドクムシ」は、2016年4月9日から新宿ピカデリーで2週間限定上映。動画サイト「ニコニコ」のネットシネマでも、同日から公開。