2016年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牡馬編:第1弾)

 12月13日、「2歳女王」を決するGI阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神・芝1600m)が行なわれ、1番人気のメジャーエンブレム(牝2歳/父ダイワメジャー)が完勝。来春の牝馬クラシックの最有力候補に躍り出た。

 明けて今週は、「2歳王者決定戦」となるGI朝日杯フューチュリティS(12月20日/阪神・芝1600m)が行なわれる。さらに来週には、皐月賞と同じ舞台でGIIホープフルS(12月27日/中山・芝2000m)が開催され、来春の牡馬クラシックに向けた戦いもいよいよ本格化する。

 そこで、先週第1回目のランキングを発表した牝馬同様、今回から牡馬の『Sportivaオリジナル番付(※)』を早くもスタート。各識者が、あくまでも来春のクラシックを念頭に置いて、現段階での純粋な強さを評価した、2歳牡馬のランキングをお届けしたい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、来年のクラシックを目指す2歳牡馬の、現時点における実力を分析しランキング付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。

 ここまで行なわれた2歳牡馬の、マイル戦以上の主な重賞を振り返ってみると、近年クラシックに直結しやすくなっているGIII新潟2歳S(8月30日/新潟・芝1600m)は、ロードクエスト(牡2歳/父マツリダゴッホ)が圧勝し、GIII札幌2歳S(9月5日/札幌・芝1800m)は、アドマイヤエイカン(牡2歳/父ハーツクライ)が制した。

 アドマイヤエイカンはその後、GIII京都2歳S(11月28日/京都・芝2000m)に出走するが、1着ドレッドノータス(牡2歳/父ハービンジャー)、2着リスペクトアース(牡2歳/父マンハッタンカフェ)に及ばす、3着に終わった。

 その他、関西の重賞で言えば、デビュー3連勝で小倉2歳S(9月6日/小倉・芝1200m)を制したシュウジ(牡2歳/父キンシャサノキセキ)が出走したGIIデイリー杯2歳S(11月14日/京都・芝1600m)に注目が集まった。結果は、1番人気のシュウジが2着。代わって勝利を手にしたのは、秋華賞馬エアメサイアを母に持つ良血エアスピネル(牡2歳/父キングカメハメハ)だった。

 一方、粒ぞろいのメンバーがそろった関東の重賞は、新設のサウジアラビアロイヤルC(10月10日/東京・芝1600m)をブレイブスマッシュ(牡2歳/父トーセンファントム)が制覇。GIII東京スポーツ杯2歳S(11月23日/東京・芝1800m)は、スマートオーディン(牡2歳/父ダノンシャンティ)が快勝した。

 これらを見てもわかるとおり、2歳牡馬には重賞2勝馬は不在。前評判の高い馬たちが条件戦に回ったこともあって、識者の票も割れた。識者全員がポイントを入れた馬も一頭もおらず、「まだまだ成長途上の2歳牡馬。これからも注目の重賞レースが終わるごとに、いくらでもランクは変動するでしょう」(市丸博司氏)というのが、各々の一致した意見だ。

 まさに激戦の2歳牡馬戦線。第1回目の番付は、次項のとおりだ。

 1位は、16ポイントで2頭が並んだ。東スポ杯2歳Sの覇者スマートオーディンと、デビュー2戦2勝のバティスティーニ(牡2歳/父キングカメハメハ)だ。

木南友輔氏(日刊スポーツ)
「東スポ杯2歳Sを大外からの差し切りで圧勝したスマートオーディン。まだ粗削りな部分があって、2戦目の萩S(10月31日/京都・芝1800m)では直線でまともに追えず敗戦しましたが、素質は本物です。父ダノンシャンティはNHKマイルCの勝ち馬とはいえ、その母系はジャパンカップを制したシングスピールと同じグロリアスソングの系統。今後、距離が延びても十分に対応できると思います」

土屋真光氏(フリーライター)
「東スポ杯2歳Sを快勝したスマートオーディンは、父ダノンシャンティよりも大きなフットワークで、のびのびと走れる東京コースが見事にフィットした印象。超スローの展開ながら、最後まで伸び切ったキレのある末脚は、圧巻でした。来春のクラシックを考えた場合、中山開催の皐月賞ではそうした武器が不発に終わる危険もありますが、相当な能力の高さを感じます」

市丸博司氏(パソコン競馬ライター)
「東スポ杯2歳Sは、超スローの上がり勝負でしたが、スマートオーディンは外を回りながら上がり32秒9をマーク。その末脚には、恐れ入りました。年内の出走はないようですが、次走の結果次第で、牡馬クラシック戦線を引っ張っていく存在になっていくのではないでしょうか。

 一方、バティスティーニは、500万条件の黄菊賞(11月15日/京都・芝2000m)がとんでもない競馬でした。4コーナーをほぼ馬なりのまま外からまくっていって、直線でも一杯に追われることなく、2着に3馬身半差をつけましたからね。年末に出走予定のホープフルSでその真価を試されることになりますが、再び圧勝するようだと、クラシック戦線はこの馬の"一強"体制になる可能性もありますね」

吉田順一氏(デイリー馬三郎)
「全兄のデウスウルトと比べて、同時期の完成度では、バティスティーニのほうがはるかに上。兄にとっては課題だった気性の激しさも見せていません。長めのつなぎはクッション性があって、新馬→黄菊賞と、着差以上の強さを感じました。とりわけ、出遅れながらも折り合いに進境を見せた黄菊賞では、鞍上の指示どおりにまくっていって、楽に抜け出していきました。その破壊力は世代屈指です。このまま、心身のバランスを整えつつ、順調に成長を重ねていけば、相当な馬になりそうです」

本誌競馬班
「2戦2勝のバティスティーニは、2戦ともまったく違う競馬を見せて、ともに圧勝したことから、器のデカさを感じました」

 3位は、デイリー杯2歳Sを制したエアスピネル。デビュー3連勝のシュウジを相手にしなかった勝ちっぷりが評価された。

市丸氏
「デイリー杯2歳Sでは、距離のロスも関係なく、外を回してあっさりと抜け出したエアスピネル。シュウジに3馬身半をつけての勝利は強烈でした。少なくともマイル路線では、この馬が現時点で何枚も抜けた存在。余程のことがない限り、今週の朝日杯FSでも負けることはないでしょう。問題は、その先。距離が延びてどうか、ということだけです」

本誌競馬班
「エアスピネルは、デイリー杯2歳Sが圧巻の勝利でした。1位のバティスティーニもそうですが、父キングカメハメハ、母の父サンデーサイレンスという、今年の二冠馬ドゥラメンテをはじめ、最近注目度が増している血統背景も魅力です」

 4位は、シルバーステート(牡2歳/父ディープインパクト)。バティスティーニと同じく、重賞勝ちはないものの、2勝を挙げたレース内容が高評価につながったようだ。

吉田氏
「シルバーステートがレコード勝ちした未勝利戦は、同日にシュウジが勝ったオープン特別の中京2歳S(7月25日/中京・芝1600m)よりも、勝ちタイムが1秒3も速かった。さらに、次走を見据えて7割程度の仕上げで挑んだ500万条件の紫菊賞(10月17日/京都・芝2000m)では、上がり32秒7という驚異的な瞬発力を発揮して快勝しました。新馬の頃に比べると、腰回りもだいぶパンとしてきました。それでもまだ、未完成の状態。それでいて、3戦2勝という実績を残している点は、十分に強調材料となるでしょう。一頓挫あって、東スポ杯2歳Sは回避しましたが、品のある馬体と風格ある立ち居振る舞いは、一流馬のそれ。陣営も『クラシックに乗せないといけない馬』という期待の一頭で、ダービーへ向けて磐石のレールが敷かれていると思います」

土屋氏
「管理する藤原英昭調教師が、『(シルバーステートは)とにかく心臓が強い。馬体の完成はまだ先だけど、大きいところを勝たせなくてはいけない馬』と絶賛。今後は、一頓挫あってからの立て直しになりますが、2歳の時点で消耗することを避けられたことが、先々につながると思います」

 5位は、新潟2歳Sの勝ち馬ロードクエスト。最後方から前方馬群をごぼう抜きした、ド派手なパフォーマンスに度肝を抜かれたファンも多かったに違いない。

木南氏
「重賞の新潟2歳Sはもちろんのこと、新馬で破った相手も、のちにサウジアラビアロイヤルCを勝ったブレイブスマッシュと、勝った2戦はともに中身の濃い内容でした。血統的にはややマイナーですが、父マツリダゴッホ、母父チーフベアハート、母母の父リアルシャダイと、距離不安は皆無。今後の走りにも注目です」

吉田氏
「マツリダゴッホ産駒らしい頭の高さと、長めの首差し、さらに胴長&脚長の体形で、父が活躍した中・長距離にも適性はありそう。そういう意味では、距離的にはダービー向きも、父同様に中山巧者の可能性は高く、次走のホープフルSは、来年に向けての試金石となるでしょう」

 5位以下は、プロディガルサン(牡2歳/父ディープインパクト)、リオンディーズ(牡2歳/キングカメハメハ)、ハートレー(牡2歳/父ディープインパクト)ら、注目度の高い良血馬が続く。これらも、今後のパフォーマンス次第では、一気にランキングを上げてきてもおかしくない。刻一刻と変わっていきそうな、牡馬クラシック戦線の熾烈な争いは見逃せない。

スポルティーバ●構成 text by Sportiva