『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』より
 - Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

写真拡大

 現地時間12月15日、アメリカン・フィルム・インスティチュート(AFI)が毎年発表しているその年のベスト映画とテレビドラマの10作品を今年も選出したが、リスト作成時には公開前だった映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』も選ばれるという異例の事態となった。

 その他の映画は賞レースでもおなじみのものが多い。テレビドラマも数々の賞にノミネート、受賞してきた作品が多くみられた。

 2015年AFIアワードに選ばれた作品は以下の通り。(澤田理沙)

■映画部門(順不同)
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
『ブリッジ・オブ・スパイ』
『インサイド・ヘッド』
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
『オデッセイ』
『ストレイト・アウタ・コンプトン』
『ルーム(原題)』
『スポットライト(原題)』
『キャロル』

■テレビドラマ部門(順不同)
「ゲーム・オブ・スローンズ」
「FARGO/ファーゴ」
「ベター・コール・ソウル」
「Empire 成功の代償」
「HOMELAND」
「マスター・オブ・ゼロ」
「ブラッキッシュ(原題) / Blackish」
「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」
「アンリアル(原題) / UnReal」
「ジ・アメリカンズ」