書籍『スター・ウォーズ 禅の教え エピソード4,5,6』

写真拡大

最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開目前でファンの興奮が最高潮に高まる中、同シリーズを新たな視点で読み解く書籍『スター・ウォーズ 禅の教え エピソード4,5,6』が発売された。同シリーズが日本文化の影響を色濃く受けていることは有名な話だが、本書は「禅」で『スター・ウォーズ』の世界を分析している。

【関連記事】お疲れ気味のあなたに・・・観れば元気になれる! 『私はラブ・リーガル DROP DEAD Diva』に見る"ポジティブ系ドラマ"のススメ

『スター・ウォーズ』の名シーンの数々を引用しながら、禅語をわかりやすく解説。ルーク・スカイウォーカーをダークサイドに誘うダース・ベイダーに絡めて「莫妄想(まくもうぞう)」、ヨーダのそばにいることでジェダイ、フォースのなんたるかを体得していくルークに絡めて「薫習(くんじゅう)」、といったふうに、懐かしの名場面を楽しみながら禅の教えを学ぶことができる。

同シリーズのファンはもちろん、人間関係や人生に悩むすべての人に役立つ、他人に振り回されず、自分と向き合うためのメッセージが満載だ。

曹洞宗徳雄山建功寺第18世住職、枡野俊明による書籍『スター・ウォーズ 禅の教え エピソード4,5,6』(中経出版/1300円+税)は発売中。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・ハリソン・フォードは絵文字を使えない! 妻キャリスタ・フロックハートが明かす【ネタばれ】『スター・ウォーズ』で度肝を抜かれた場面、J・J・エイブラムスの答えは?『スター・ウォーズ』シリーズ、これからは女性監督・脚本家の起用も?