『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

写真拡大

世界中の興奮が高まる中、いよいよ公開日を迎える『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。そんな時、映画のネタばらしをすると脅す、困ったグループが現れた。

【関連動画】『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の最新予告編はこちら!

英Bleeding Coolが伝えたところによると、騒ぎを引き起こしているのは、『スター・ウォーズ』拡張世界(Expanded Universe)の継続を求めるFacebookグループを運営していた者たちだという。

拡張世界(以下、EU)とは、ディズニーがルーカスフィルムを買収する前、35年以上にわたり、小説/コミック/ビデオゲームなどによって構築されてきたストーリー。しかし新三部作の製作決定にともない、映画製作者が創造的な自由を最大限に発揮できるよう、EUは「Star Wars Legends」という新たなブランドをつけられ、正式に正史から外されることになった。

問題のグループは、ディズニーとルーカスフィルムがEUを継続しない限り、ソーシャルメディアなどで『〜フォースの覚醒』のネタばらしをするよう、3694人のメンバーに呼びかけた。同グループはFacebookにおいてはすでに閉鎖されたが、メンバーによるコメントはネットの随所で見られ、スター・ウォーズ関連サイトは、ネタばらし投稿の標的になっているということだ。

一方、ネタばれを回避するための手段も大きなトピックになっている。中でも注目を浴びているのは、ブラウザのGoogle Chrome向けにネタばれをフィルタリングする「Force Block」(開発元:Priceless Misc)というプラグイン。ネタばれ情報を含むページをまるごとブロックして、代わりに『スター・ウォーズ』の台詞をもじったメッセージを表示するというものだ。

ネットで飛び交う何気ない感想を超えて、明確に攻撃的な意図を持ったグループの出現は迷惑千万。劇場に足を運ぶまで映画の具体的な内容に関する情報は極力シャットアウトしたいというファンにとって、ネタばれ対策は切実な問題となるかもしれない。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・TV番組や映画のネタばれをフィルタリングする技術、米Googleが特許取得『GIRLS/ガールズ』レナ・ダナム、『スター・ウォーズ』を見たことがない!ロンドンに巨大ライトセーバー出現! 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ヨーロッパプレミア開催