場内には雪が降る演出も

写真拡大

 シネコングループ「ユナイテッド・シネマ」は現在、全国9館で体感型アトラクションシアター「4DX」を導入している(12月18日から2館が追加)。福岡県福岡市のユナイテッド・シネマ キャナルシティ13では、サービス開始を2日後に控えた同16日、体感イベントを実施し、地元出身のアイドル・橋本環奈が参加した。

 4DXは、映画のシーンに合わせて座席が動き、水や風、香り、フラッシュ、煙、さらには泡や雪といった計11もの特殊効果を体感することができる最新上映システム。今回初めて4DXを体験したという橋本は「雨や風がすごい! まるでスクリーンの中に入りこんでいるよう」と大興奮。体感後には「私の大好きなキャナルシティで、(橋本が所属するアイドルグループ「Rev. from DVL」の)メンバーと一緒に4DXで映画を見たいと思います」と語った。

 ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13と奈良県奈良市のユナイテッド・シネマ橿原では、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」の公開にあわせて12月18日に4DXサービスを開始。全国計11のユナイテッド・シネマの劇場で同作の4DX版が上映される。通常鑑賞料金にプラス1000円という価格設定ながら、今週末12月19・20日のチケットがすでに完売している館も見られ、プレミアチケット化することも予想される。

 また、一部劇場では“オープニング特別上映”と題し、「ジュラシック・ワールド」「マッドマックス 怒りのデス・ロード」「ベイマックス」「パシフィック・リム」の4作品が4DXで上映されている。