日本でもぜひ! (C)2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED.

写真拡大

 熱狂的なファンを生み出したジョージ・ミラー監督の「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のモノクロ版が劇場公開される可能性を、プロデューサーのダグ・ミッチェルが示唆した。

 ミッチェルが英Screen Dailyに語ったところによれば、オフィシャルのモノクロ版が存在し、来年、劇場公開される可能性があるとのこと。これは、ミラー監督が当初予定していたバージョンだという。

 この白黒バージョンについて、ミラー監督はDVDやブルーレイに収録するよう米ワーナー・ブラザースに働きかけていたようだが、実現には至らなかった。米Indiewireでは、モノクロ版が公開されるとしても、特別イベントとしての上映や、特集上映を多く組んでいる劇場での限定公開になるのではないかと予想している。

 賞レースでは本命視されていなかった本作だが、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞の作品賞に輝き、ゴールデングローブ賞で作品賞(ドラマ部門)と監督賞にノミネートされるなど勢いに乗っており、アカデミー賞ノミネートへの期待も高まっている。