警察官になりたいウサギのジュディ&キツネの詐欺師ニック (C)2015 Disney. All Rights Reserved.

写真拡大

 ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの長編最新作「ズートピア」のキャラクター画像が公開され、「警察官になりたい」と夢見るヒロイン、ウサギのジュディ・ホップスと、その相棒となるキツネの詐欺師ニックの顔がお披露目された。

 動物たちの楽園を舞台に描くファンタジー・アドベンチャー。ティザーポスターでは後ろ姿しか描かれていなかったジュディとニックだが、このほど公開された画像では生き生きとした表情から対照的な性格が見てとれる。ピンと伸びた長い耳に大きな目、カウンターにちょこんと乗せた手がかわいらしいジュディは、一目見ただけで応援したくなるようなルックス。一方のニックは、何かを企んでいるかのような怪しげな目つきで、服装やポーズから横柄さがうかがえる。

 本作で描かれるのは、動物たちがハイテクな文明社会で暮らす世界“ズートピア”。そこでは、どんな動物も快適な暮らしができる環境が整えられており、大きさも習慣もタイプも異なるたくさんの動物たちが平和に共存している。しかし、動物たちにはそれぞれ決められた役割があり、農場でニンジン作りに従事するのがウサギの人生とされていた。サイやゾウ、カバのような大きくてタフな動物だけが警察官になれるのだが、ウサギのジュディは幼い頃からの「警察官になりたい」という夢をかなえるため、田舎町から大都会へやってくる。

 「アナと雪の女王」「ベイマックス」といった近年のディズニー・アニメーションを大ヒットに導いてきたジョン・ラセターが製作総指揮を務め、今なお根強い人気を誇る「塔の上のラプンツェル」のバイロン・ハワードと、大ヒット作「シュガー・ラッシュ」のリッチ・ムーアが共同で監督を務める。2016年4月23日から全国で公開。