アビゲイル・ブレスリン Photo by Slaven Vlasic/Getty Images

写真拡大

 故パトリック・スウェイジ&ジェニファー・グレイが主演した青春恋愛映画「ダーティ・ダンシング」を、米ABCが3時間のテレビミュージカル映画としてリメイクすることがわかった。

 米EWによれば、リメイク版は「リトル・ミス・サンシャイン」「ゾンビランド 」のアビゲイル・ブレスリンがヒロインのベイビー役を演じる。

 1987年に公開されたエミール・アルドリーノ監督「ダーティ・ダンシング」は、60年代のアメリカの避暑地を舞台に、17歳の少女ベイビー(グレイ)が、ダンスインストラクターのジョニー(スウェイジ)と恋に落ち、大人の女性へと成長していく姿を描いた。60年代のヒットナンバー満載でつづった躍動感あふれる名作で、セクシーなダンステクニックを披露したスウェイジは、本作をきっかけにスターの仲間入りを果たした。

 リメイク版でジョニー役を演じる俳優は、まだ明らかになっていない。ウェイン・ブレアが監督、ジェシカ・シャーザーが脚本を執筆し、オリジナル版の脚本家エレノア・バーグスタインが「ハンガー・ゲーム」シリーズのアリソン・シェアマーとともに制作総指揮を務める。

 ちなみに、「ダーティ・ダンシング」は88年にテレビシリーズ化されたほか、04年に続編「ダンシング・ハバナ」が公開された。また、ケニー・オルテガ監督によるリメイク映画の企画が浮上したが、12年に頓挫している。