ポイントは○○使い! 絶品「焼き豚」のレシピ大公開♪

写真拡大 (全6枚)

12月も半ばにさしかかりました! ただでさえあわただしい師走ですから、本日は前ふりナシでこの季節に必ず役立つ本格派「焼き豚」のレシピをご紹介させていただきます★

豪華なかたまり肉の料理は、クリスマスや年末年始のおもてなしに欠かせない一品。そしてこんなふうに野菜とともに箱に詰めれば、持ち寄りパーティにもぴったりなんです!


せん切りにしたねぎや香菜をラップで包み、ソースも添えて箱に詰めると、料理屋さんのお取り寄せみたいな雰囲気に。実家に帰省する際の手土産にしたら感激されそうです♪ 下味をつけたらオーブンにおまかせなラクチンレシピなのですが、本格派の甘辛味に仕上げるにはちょっとしたコツがあります。それをしっかりおさえて、作り方を見てくださいね。

材料(4〜6人分)
豚肩ロースかたまり肉  600g
砂糖  1/3カップ
漬け汁
 にんにく  1かけ
 ねぎの青い部分(4〜5cm)  2切れ  
 酒、みりん、しょうゆ  各1/2カップ
 こしょう  少々

下準備
・肉にたこ糸を横にらせん状にぐるぐると巻き、巻き終りの糸と巻き始めの糸を結ぶ。たこ糸を巻くことで、太さが整い、焼き上がりがきれいになります。細いところはゆるめに、太いところは強めに巻くのがポイント。
・にんにくは包丁の腹などを当て、押さえてつぶす。

作り方

【1】バットに豚肉を入れ、砂糖を全体にすり込む。肉となじんで、砂糖がしっとりすればOK。密封できる保存袋に漬け汁の材料を合わせ、豚肉を砂糖とともに入れる。空気を抜いて口を閉じ、冷蔵庫で2時間〜一晩置く。焼く1時間ほど前に冷蔵庫から出し、室温にもどす。オーブンを180℃に温めはじめる。

肉に砂糖を? と思うかもしれませんが、ここがポイント! 最初に肉に砂糖をしっかりすり込んでおくと、甘みとこくが中までしみ込みます。焼き上がりの味がぼやけず濃厚な甘辛味になるので、このひと手間、省かないでくださいね。


【2】オーブンの天板にオーブン用シートを敷く。肉の汁けをかるくきり(漬け汁はとっておく)、脂身があるようなら、脂身を上にして天板にのせる。180℃のオーブンに入れ、50分焼く。


【3】漬け汁を小鍋に入れ、中火にかける。煮立ったらアクを取り、弱火にして約1/2量になるまで10分ほど煮つめる。


【4】【2】の肉を20分焼いたところで一度取り出し、【3】の漬け汁をスプーンなどで全体に薄く塗って(残った漬け汁はたれとして使う)、さらに30分焼く。途中焦げそうなら、アルミホイルをかぶせて。肉の中心に竹串などを刺して、透明な肉汁が出れば焼き上がり! 取り出してアルミホイルで包み、30〜40分おいて、肉汁を落ち着かせる。

食べるときは、たこ糸を取って幅7mmくらいに切り、せん切りにしたねぎや香菜などを添え、煮つめた煮汁をかけてどうぞ! 時間はかかりますが、オーブンにおまかせなので忙しい年末年始にはぴったりです。あ、でも焦げてしまうと悲しいので、焼き具合には少し気を配ってくださいね。

このレシピが掲載されている『オレンジページ 2016 Cooking 冬レシピ』には、この焼き豚の下味を変えたアレンジレシピや、もう一つのかたまり肉人気レシピ、ローストビーフの作り方もご紹介しています♪ ほかにも家飲みにぴったりの手間なしおつまみや、おもてなし用のしゃぶしゃぶレシピなど、年末年始にお役立ちのレシピが満載です。ぜひ誌面もご覧ください〜!
(編集部・狩野)