“人魚になれる”毛布に大反響、下半身すっぽりと覆う大きな尾びれ型。

写真拡大

寒くなってきたこの季節、椅子やソファなどで膝掛けや、最近では着る毛布などが活躍しているかもしれない。米国でも肌寒いのか、ある趣向の毛布が人気を呼んでいる。

ハンドメイドの作品を扱うマーケットサイト・Etsyで、話題となっているのは「人魚になれる」毛布。熟練の手編みで作られており、下半身をすっぽりと覆う大きな尾びれで人魚になった気分が味わえるという。

もともとはイルカの形の毛布があり、それを改良したこの“人魚毛布”がクリスマス前のこの時期に子どもたちへの贈り物として多くの注文を得た。最高で200ドルするにもかかわらず、販売する度に売り切れている状態とのこと。

ネットでは「これは素敵だ。是非とも買いたいね」「しまった、知るのが遅かった。もう売り切れてる」「自分でも編んでみたい。パターンも売って欲しい」と潜在的な顧客からのコメントが寄せられているようだ。