「遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENTSIONS」
ポスタービジュアル (C)高橋和希 スタジオ・ダイス
/2016 劇場版「遊☆戯☆王」製作委員会

写真拡大

 高橋和希氏が手がける人気漫画を原作とした大ヒットアニメ「遊☆戯☆王」の劇場版最新作「遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENTSIONS」のポスタービジュアルが、このほど完成した。

 カードゲームによるバトルを描いた漫画「遊☆戯☆王」は1996年に連載を開始し、これまでにテレビアニメ化や劇場アニメ化されてきた人気作。高橋氏が原作・脚本・キャラクターデザイン・製作総指揮を務める今作は、完全オリジナルストーリーで原作のファーストシリーズ「遊☆戯☆王」の後日譚を描く。

 ポスタービジュアルは、中央に描かれた主人公・武藤遊戯の手に、遊戯のもう1人の人格“闇遊戯・アテム”を呼び覚ますアイテム“千年パズル”が握られている。千年パズルは、ファーストシーズンで遊戯がアテムと決別した際に失ったアイテム。それが再び遊戯の手に戻っているうえに、パズルはピースがひとつ欠けている。さらに、遊戯の両脇には、新たなデュエルディスクを手にするライバル・海馬瀬人と、不敵な笑みを浮かべた謎の少年・藍神(あいがみ)描かれている。未だ謎多き本作だが、失われたはずの千年パズルが戻ることで、新たな決闘(デュエル)が巻き起こることを予感させるビジュアルに仕上がっている。

 なお声優キャストは、ファーストシリーズの“名ライバル”と謳われる、遊戯と海馬の声を務めた風間俊介と津田健次郎が10年ぶりに共演するほか、藍神役として林遣都が声優に初挑戦する。「遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENTSIONS」は2016年4月23日から公開。