『オデッセイ』ポスター画像

写真拡大

『エイリアン』や『プロメテウス』など、映画史に残るSF映画を生み出してきたアカデミー賞監督のリドリー・スコット。彼がマット・デイモンと組んだサバイバル・アドベンチャー大作『オデッセイ』の特別映像が解禁となった。

【関連動画】今回解禁された『オデッセイ』特別映像はこちら!

探査ミッション中に事故に遭ったワトニーが置き去りにされた火星は、人間が生きるためのあらゆる要素が欠如した"不毛の赤い惑星"。この映像では、水:無し、酸素:ほとんど無し(空気成分0.13%)、通信手段:無し、食料:31日分、次の救助:1400日、地球までの距離:225,300,000kmといった、<生存不可能>を示すあらゆる現実が突きつけられる。そんな過酷な現実の中でも生き延びることを諦めないワトニーは、いかにして究極の絶望に立ち向かったのか...。

NASAの全面協力のもと、火星にたった一人取り残された宇宙飛行士の想像を絶する運命を描く本作は、全米で2週連続1位に輝くと、公開4、5週目にも首位に返り咲くという異例の大ヒットで、スコット監督史上最高の全米興収2億ドル超を叩き出した。さらに、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞で監督賞、主演男優賞、脚色賞を受賞したほか、先週ノミネートが発表されたゴールデン・グローブ賞では作品賞、監督賞、主演男優賞の主要3部門で候補入りするなど高く批評され、オスカーレースの有力候補と見られている。

ゴールデン・グローブ賞ノミネートを受けて、スコット監督は「この作品を選んでいただき、また、マット・デイモンの卓越した演技を温かく受け入れていただいた外国人映画記者協会の皆さまに心からお礼を申し上げます。『オデッセイ』製作は私のキャリアの中でも最高の経験の一つで、このように寛大な形で認めていただいたのは素晴らしいことであり、本当に感謝しています」と語っている。

興行ランキングだけでなく賞レースも賑わせている『オデッセイ』は、2016年2月5日(金)TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー。また、3D限定前夜特別上映の実施も決定している(一部劇場を除く)。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・「これは科学へのラブレター」。NASA全面協力のSF大作『オデッセイ』イベント開催!マット・デイモン主演映画『オデッセイ』、オンライン限定予告映像が解禁!リドリー・スコット×マット・デイモンで贈る超大作『オデッセイ』 日本公開が来年2月に決定!