ちょっとお疲れ気味?/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

激ヤセで体調が心配されていたキャサリン妃に、またもや体調を心配する声が挙がっている。

【写真を見る】かねてより激ヤセしていると伝えられているキャサリン妃/写真:SPLASH/アフロ

かねてから激ヤセが伝えられているキャサリン妃だが、先週はチャリティイベントで口を大きく開けてはしゃぐキャサリン妃の様子がメディアを賑わした。「作り笑いだ」などと捉える一部ユーザーもいたようだが、多くのファンは、「キャサリン妃らしさが戻った」「元気そう」と、胸をなでおろしていた。

しかし、イギリスの中流階級向けでキャサリン妃が結婚前に御用達だったデパート、Peter Jonesで買い物を楽しんだ後のキャサリン妃の様子があまりにやつれていたため、ネットユーザーたちも驚きが隠せないようだ。

デイリー・メール紙が、髪を額からアップにし、イギリスブランド「リース」のツートンカラーの620ドル(約75000円)のコートに黒いストッキング&ロングブーツをはいてショッピングを楽しんだはずのキャサリン妃の写真を多数掲載しているが、明らかに頬がこけており、かねてから指摘されている額のしわだけではなく、ほうれい線や目の下の窪みが顕著になっている。

「子育てで大変とは言え、ナニーもいっぱいいるし疲労と精神的なものが顔に出ている気がする」「やせすぎだけじゃなくて、体調が悪そう」「33歳とは思えない」「明らかに憔悴している」「5月にシャーロット王女を出産した直後があまりに美しすぎて、同じ人物とは思えない」「髪の毛とメイクでゴージャスに見えたけれど、かなり老け込んでしまった」「王室に仕えてハッピーでいられるわけがない」「ダイアナ妃みたいにならないといいけれど」と、肉体面と精神面の双方を心配する声が多数寄せられている。【NY在住/JUNKO】