阿部寛は鼻うがいマスター!?

写真拡大

夢枕獏のベストセラー小説を映画化した人間ドラマ『エヴェレスト 神々の山嶺』(2016年3月12日公開)の完成報告会見が、12月14日に明治記念館で開催。主演の岡田准一、阿部寛、尾野真千子、平山秀幸監督が登壇した。岡田は「力強い原作を基に、限界を超えながら、スタッフとキャストが一番となって撮影した映画になっています」と手応えを口にした。

【写真を見る】尾野真千子はパープルのワンピースで登壇

現地ネパール・エヴェレストに飛び、高度5,200m付近やカトマンズでの撮影を敢行した本作。岡田は「僕は、登山やカメラをやっていたので、運命を感じました」と役柄への思い入れを強調する。カメラマン役なので、ファインダー越しに阿部をずっと見ていたという岡田は「どんどん阿部さんが羽生丈二(役柄)になっていくんです。厳しい環境のなかでお芝居をする真面目さを学ばせてもらいました」と真摯な表情でコメント。

岡田は過酷な撮影を振り返り「本当に苦しいなか、みんなで支え合いながら登っていきました。阿部さんから鼻うがいを習いましたが、上手くできなくて死にそうになりました」と苦笑い。阿部は「すみません」と笑いながら恐縮する。岡田は「おかげで乗り切れました。阿部さん“鼻うがいマスター”なんです」と言って笑いをとった。

阿部は「夜になると呼吸が薄くなる。よくスタッフ全員が登り切ったなと」と感心する。尾野は「気圧でみんな3kg痩せるらしくて。そんななか、私は3kg太りました」とおちゃめな笑みを浮かべると、岡田は「誰よりもタフでした」と感心する。

平山監督は「小手先の小さい芝居は全く通用しないと俳優さんもわかってらっしゃる。映画はこの3人の方のドキュメンタリー。僕たちは、生の3人を丸ごと撮っている気がしました」と清々しい表情で語った。【取材・文/山崎伸子】