「アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー」場面写真 (C)IRIS APFEL FILM, LLC.

写真拡大

 米ニューヨークのカルチャーシーンに影響を与え続けるファッションアイコン、アイリス・アプフェルの魅力に迫ったドキュメンタリー「アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー」が2016年3月に公開される。このほど、アプフェルの魅力が詰まった予告編が完成した。

 アプフェルは、1950年代からインテリアデザイナーとして活躍し、ホワイトハウスの内装を手掛け、ジャクリーン・ケネディを顧客に持つなど輝かしいキャリアを誇る。映画は、94歳の現在も多くの有名デザイナーから尊敬されるアプフェルの、展覧会や老舗百貨店でのディスプレイ企画、売り切れ続出となるテレビショッピングなどに密着。自由で楽しく生きることと、成功を収める実業家でいることを両立させた秘訣が映し出される。

 予告編は、アプフェルの「誰かが言ったわ。『あなたは美人じゃない。でも人とは違うセンスがある』」という力強い言葉から始まる。その後、世界的ファッションデザイナーのドリス・バン・ノッテンやアレキサンダー・ワン、歌手のカニエ・ウエストら世界中の著名人やクリエイターから支持を集める様子を切りとった。また、メトロポリタン美術館での展覧会が驚異的な動員数を記録した際には、「“80代の新人”なんて楽しいでしょ」と言ってのけたり、高級ジュエリーより安いアクセサリーに興味を示したりと、独自のスタイルを貫く姿が収められている。

 今年3月に他界した、アメリカドキュメンタリー映画の巨匠アルバート・メイズルスがメガホンをとった。

 「アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー」は、16年3月5日から東京・角川シネマ有楽町ほか全国で公開。