ホテルでの夜遊び事情を暴露された(?)ジャスティン・ビーバー/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

ジャスティン・ビーバーにホテルに誘われたというモデルのローラ・カーター(30)が、ベッドの中にもう一人女性がいたと英紙ザ・サンに明かしている。

【写真を見る】パンツ姿で寝室に連れて行ったそう/写真:SPLASH/アフロ

ローラは友人たちとナイトクラブに行っていたらしいが、ジャスティンの警備員が近づいて来て、ジャスティンのグループに加わるよう誘われたという。そして午前2時半にナイトクラブを出て、ジャスティンと一緒に彼のホテルに向かった。

「大きなスイートに連れて行かれました。巨大なサウンドシステムが設置されていて、お酒がいたるところにありました。女の子が4人と、男の子が10人ぐらいいて、みんなすごくグラマラスだった」と彼女はザ・サン紙に話している。

ジャスティンはまず一人の女性を連れて寝室に行き、20分後にパンツ一丁で出て来たという。そして彼はローラの手を取り、寝室に連れて行ったそうで、ベッドには下着姿の女性が寝転がっていたらしい。そのまま3人でベッドインしたが、そのうちもう一人の女性がジャスティンが自分を構ってくれないと文句を言いだして出て行ったという。

ローラはそのまま朝6時半までジャスティンと楽しんだと証言しているが、ホテル側の関係者は、その時間帯に一人の女性が裸足でレセプションに降りてきたと語っている。「彼女は靴も履かずに降りてきて、『ここはどこ?私の友人はどこ?』と大騒ぎしていました。ちょっと夜を楽しみ過ぎたみたいで、結局、警察に電話しました」と証言している。

警察側も「ある女性の安否が気遣われたので、ホテルに直行しました。彼女は無事で、犯罪も起きていなかったので、警察はそれ以上の行動はとりませんでした」と発表している。

「厄介な女に手を出したな」「ビーバーとのセックスは自慢にはならないと思う」「明らかに売名行為」などのコメントが英紙デイリー・メール電子版には寄せられている。【UK在住/ブレイディみかこ】