ウォーカーもファンもかんじゃダメ! 写真:Charles Sykes/Invision/AP/アフロ

写真拡大

 海外ドラマ「ウォーキング・デッド」のダリル役で人気の米俳優ノーマン・リーダスが、米ニュージャージー州で開催されたゾンビイベント「ウォーカー・ストーカー・コン」で女性ファンにかみつかれていたことがわかった。

 “襲撃”にあったリーダスは、「DO NOT BITE ME(俺をかまないでくれ)」と大きく書き込んだ自身の写真をInstagramに投稿し、「ああ、頼むからやめてくれ」とファンたちに呼びかけた。

 写真撮影会での出来事で、女性はリーダス&共演者のマイケル・ルーカーと記念撮影をした直後にリーダスの胸元にかみついたが、そばにいた警察官と警備員にすぐさま引き離された模様。米TMZによれば、リーダスにけがはなく、その後もファンとの交流を続けたそうで、「ほんのひとかじり」だったため起訴する予定もないという。

 当の女性も自身のInstagramに興奮のあまり我を失ってしまったと説明し、「傷つけるつもりは決してなかったの。ごめんなさいね、ノーマン!」と謝罪。今後のウォーカー・ストーカー・コンのほか、リーダスが出席する同主催イベントへの出席は禁じられたようだ。

 「ウォーキング・デッド」シーズン6は、FOXチャンネルで放送されているほか、dTV、Huluで配信中。