ディカプリオが今度こそ受賞!?/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

全米映画俳優組合賞のノミネートが発表された。同賞は、アカデミー賞会員とメンバーが重なることが多いため、オスカーの行方を占う上では最重要とも言われる賞だ。主演男優賞にはレオナルド・ディカプリオ、ジョニー・デップ、そしてエディ・レッドメインの3人がノミネートされており、ビッグスターたちが賞取りレースでバトルを繰り広げることになりそうだ。

【写真を見る】ジョニデが意地を見せるか?/写真:SPLASH/アフロ

レオは罠猟師ヒュー・グラスの伝記映画『レヴェナント:蘇えりし者』(日本16年4月公開)でノミネートされており、熊に襲われて瀕死の状態になり、自分の所持品を持って逃げた仲間たちへの復讐の旅をする主人公を演じた。

役作りのために髭を伸ばしっぱなしにしたレオは「ルックスが劣化した」とファンを失望させたが、鬼気迫る演技と評論家たちに大絶賛されている。『バベル』(06)や『21グラム』(03)のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督がメガホンを握った本作で、今度こそレオがオスカー受賞なるか注目が集まっている。

一方、ジョニーは『ブラック・スキャンダル』(日本16年1月30日公開)で実在のギャング、ホワイティ・バルジャーを演じてノミネートされている。

こちらも禿げ頭に増量で役に挑み、あっと驚くような変貌ぶりで「あんなオヤジはジョニーじゃない」とファンを絶叫させたが、こちらも渾身の演技でオスカー候補の呼び声が高い。

そして15年のオスカー受賞者エディ・レッドメインは、世界で初めて性別適合手術を受けたデンマークの画家リリー・エルベを描いた『リリーのすべて』(16年3月18日公開)でのノミネート。

こちらはレオ、ジョニデのような外見の劣化ではなく、女装姿の妖艶さで大きな話題になっている。オスカー主演男優賞を獲った『博士と彼女のセオリー』のホーキング博士役とはガラッと違う役どころで、2年連続のオスカー受賞になるか関心が集まっている。【UK在住/ブレイディみかこ】