「ソード・オブ・デスティニー」のキービジュアル

写真拡大

 アン・リー監督の世界的ヒット作「グリーン・デスティニー」(2000)の続編「ソード・オブ・デスティニー Crouching Tiger, Hidden Dragon」が、世界最大の動画配信サービス「Netflix」のオリジナルドラマとして、2016年2月26日から全世界で同時配信されることが決定した。合わせて、キービジュアルと予告編が公開された。

 本作は、第73回アカデミー賞で4部門を受賞したアクションファンタジー「グリーン・デスティニー」のその後の物語を描く。同作に登場した女性剣士ユー・シューリンを主人公に、伝説の剣をめぐり繰り広げられる愛と運命を壮大なスケールで映し出す。キャストは、同作からシューリン役を続投するミシェル・ヨーをはじめ、「イップ・マン 葉問」シリーズのドニー・イェン、「glee/グリー」のハリー・シャム・Jr.、「ハワイ・ファイブ・オー」のジェイソン・スコット・リー、「シャンハイ・ヌーン」のロジャー・ユアンら実力派がそろう。

 予告編は、高速のまわし蹴りやとび蹴りを織り交ぜたアクロバティックなソードアクションが次々に飛び出す。さらに、敵に囲まれたシューリンが馬車の天井を破って飛び出す戦闘シーンや、建物から落下しながら剣を交える場面など、豪快なアクションシーンに圧倒される。「グリーン・デスティニー」でアクション監督を務め、マーシャルアーツの伝説的な振り付け師としても知られるユエン・ウーピンがメガホンをとっただけに、華麗なアクション描写は今作も健在だ。

 キービジュアルは、グリーン・デスティニーを背負ったシューリンの後ろ姿が描かれ、中央には「過去からの復しゅうが今始まる」というキャッチコピーが刻まれており、名剣をめぐる壮絶な戦いの始まりを予感させるビジュアルに仕上がっている。

 「ソード・オブ・デスティニー Crouching Tiger, Hidden Dragon」は、16年2月26日から「Netflix」で全世界で同時配信。予告編は公式YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/c/NetflixJP)で配信中。