スタスタローンが『ロッキー』のモノマネに挑戦

写真拡大

『ロッキー』シリーズの熱いスピリットを受け継ぐ感動の最新作『クリード チャンプを継ぐ男』(12月23日公開)の試写会イベントが、12月13日にワーナー試写室で開催。シルベスター・スタローンのモノマネで知られるお笑い芸人・スタスタローンが、定番の『ランボー』姿ではなく、『ロッキー』仕様のスウェットで登場し、名ゼリフ「エイドリア〜ン!」を生披露した。

【写真を見る】ロッキーになりきったスタスタローンの全身ショット

スタスタローンは試写室内の階段をぐるりとランニング。「人生ほどの重いパンチはねえ!」とこぶしを上げた後「ここは、フィラデルフィアの美術館だよ」とコメント。彼を迎えるゲストとして登壇した映画評論家・前田有一は「面白かったです」と笑顔を見せた。

前田は、『ロッキー』シリーズの魅力について「スタローンが3日半で書いた原稿を、自分が主演で映画化したのは、まさにアメリカンドリーム。俳優と映画が両方育っていくという、他にはないシリーズです。彼の人生そのものがロッキーだから共感できる」と絶賛。

スタスタローンは「ありがとうございます。ほめていただいて。自分のことのようにうれしかったです。正直、『ランボー』が一番なんですが」と、ちゃっかり定番のモノマネ芸もアピールし、会場は爆笑。

MCのコトブキツカサも『クリード チャンプを継ぐ男』について「スタローンも実の息子が亡くなってる。亡くされた後に、この映画が決まったんですよね」と言葉をかみしめた。

『ロッキー』のあのテーマ曲が流れるかどうかも気になるところだが、コトブキが「どこかで流れるんですよね」と言うと、前田も「けっこう引っ張るんですよ」とうれしそうにうなずく。こちらは映画を観てからのお楽しみだ。

『ロッキー』シリーズ誕生から約40年、かつて死闘を繰り広げた亡き親友アポロの息子をチャンピオンにするために、ロッキーが立ち上がる!本作で、シルベスター・スタローンが、第73回ゴールデン・グローブ賞助演男優賞にノミネートされた。【取材・文/山崎伸子】