露出を連発してファンを喜ばせているミランダ・カー/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

フルヌードで雑誌の表紙を飾ったばかりのミランダ・カーが、クリスマスシーズンに露出を連発してファンを喜ばせている。

【写真を見る】ヴィクトリアズ・シークレットのモデル時代のミランダの下着姿/写真:SPLASH/アフロ

今度はLOVE誌の「クリスマスへのカウントダウン」企画で、9日目のビデオに登場したミランダが、コルセットのブラの部分を引き下ろして胸を露出し、腕で乳首部分を隠しているセクシーなシーンが話題になっている。

また、同ビデオの中でミランダはなんともきわどい水着姿を披露しており、例えるなら黒いブルマーにサスペンダーがついたようなデザインで、よく言えば『愛の嵐』(73)で素肌にサスペンダーだけをつけたシャーロット・ランプリングのような、しかし見方によっては『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』(07)でサシャ・バロン・コーエンが着用していたV字型の食い込み水着のような格好をしている。

ミランダはこのいろんな意味で危ない水着に黒いストッキングとヒールという姿で水の中に入って泳いだり、寝転んだりしてセクシーなポーズを取っている。

英紙デイリー・メールのサイトが問題のビデオを掲載しており、それを見た読者からは「ああ、彼女はパーフェクト。人類のために地上に舞い降りた天使」「彼女をクリスマスツリーのてっぺんに飾っておきたい」「いくら何でも脱ぎ過ぎじゃない?」「最近は胸を隠している彼女の写真を見たほうが衝撃を受けるよ」などの意見が投稿されている。

LOVE誌の「クリスマスへのカウントダウン」企画のビデオには、毎日様々のセレブたちが登場するそうで、カーラ・デルヴィーニュやジジ・ハディッド、イリーナ・シェイク、パメラ・アンダーソンらもセクシーな姿を見せているそうだ。【UK在住/ブレイディみかこ】