キャサリン妃の妹ピッパと極秘交際をしていると伝えられているヘンリー王子/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

キャサリン妃の妹ピッパとヘンリー王子が、3か月前から秘密のロマンスを楽しんでいると米紙OK!が伝えている。

【写真を見る】キャサリン妃の妹、フィリッパ・シャーロット・“ピッパ”・ミドルトン/写真:SPLASH/アフロ

同誌によれば、2人が最初に接近したのは2011年のウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式当日だったという。「キャサリン妃は、化粧直しのためにバスルームに行きました。するとそこでピッパとヘンリー王子がキスを交わしていたのです」と関係者が話しており、キャサリン妃はその日の出来事について相当怒っていたらしい。

それからヘンリー王子は数か月の間ピッパに猛アタックをかけたが、姉をこれ以上怒らせたくないピッパは彼の誘いを無視し、2人は別々の相手と交際を続けた。しかし、2人はお互いに好意を抱き続けていたと同誌は書いている。

「別の相手と交際している時でさえ、ピッパとヘンリー王子は常に性的な魅力をお互いに感じていました」と関係者は明かしている。

しかし、現在はピッパもヘンリー王子も交際相手と破局してシングルになった。実際、ピッパは交際していたニコ・ジャクソンと破局する数日前、ヘンリー王子の自宅を訪ねているそうで、夜中の3時までそこにいたという。それから2人は密かにデートを重ねているそうで、ウィリアム王子もそのことを知っているとOK!誌は伝えている。

このピッパとヘンリー王子の恋の噂を記事にしたデイリー・メール紙電子版には「これは(キャサリン妃とピッパの母親の)キャロルの夢だろうな」「そんなはずはない。ピッパは金髪ではないから」「ピッパ妃誕生か!素晴らしい」「最高のカップルだと思うけど」といった読者コメントが見られる。【UK在住/ブレイディみかこ】