小泉純一郎首相(資料写真)
中国国内での反日抗議活動について、小泉純一郎首相は21日に配信された、小泉内閣メールマガジンの巻頭コラム「らいおんはーと」で、「被害が発生したことは大変遺憾」とした上で、「日本と中国の間に意見の異なることがあっても、日中両国が対立を強調したり、非難しあうのではなく、未来志向で協力していくことが大切」と両国の関係修復を望むコメントを発表した。

 また、駐日中国大使館(東京都港区)など中国関連施設に対して相次いでいる嫌がらせなどについても、「とても残念に思う」と心境を示し、「こういう時こそ冷静に」と呼びかけた。【了】