レイ役のデイジー・リドリー

写真拡大

 シリーズ10年ぶりの最新作「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に出演したレイ役のデイジー・リドリー、フィン役のジョン・ボヤーガ、カイロ・レン役のアダム・ドライバー、メガホンをとったJ・J・エイブラムス監督が12月10日、同作のプロモーションのため来日した。

 午後12時ごろに4人が成田空港第1ターミナル到着口に姿を現すと、その模様を一目見ようと駆けつけた約300人のファンからは熱狂の歓声があがった。新ヒロイン役のリドリーは、ファンの呼びかけに応じず足早にその場を後にしたが、それでも「お寿司やラーメン、日本のおいしい食べ物に期待しているわ!」とコメントを寄せた。

 ボヤーガ、ドライバー、エイブラムスはサインや写真撮影などでファンサービス。見物客の中には、前日の午後10時頃から徹夜で待機していたという強者もおり、その熱気を目の当たりにしたドライバーは「このプレスツアーで一番楽しみにしていたことが、日本に来ることでした」とほほ笑む。そして、「黒澤明監督や、作品のルーツに関係する国なので、日本に来ることができてうれしい」と喜びを明かした。

 また、ダースモールやC-3POのコスプレをしたファンとともに、ボヤーガがセルフィーに応じるひと幕も。初来日のボヤーガは日本の漫画の大ファンだそうで、「街に出て漫画を読みたい。I LOVE JAPAN!」とニッコリ。一方で来日は「7〜8回目」だというエイブラムス監督は、「日本といえば、食べ物。息子と一緒に街を歩くことを楽しむよ」と語り、「『スター・ウォーズ』を楽しみにしていてくれ!」とファンに呼びかけていた。

 来日した4人はプロモーションツアーの真っ最中で、12月9日には韓国でのファンイベントを行ったほか、同10日に日本でのジャパンプレミア、その後は米ロサンゼルスでのワールドプレミアを開催する。「スター・ウォーズ フォースの覚醒」は、18日から公開。