ついにクランクアップ! - 画像はミラ・ジョヴォヴィッチInstagramのスクリーンショット

写真拡大

 大ヒットシリーズ最終章『バイオハザードVI:ザ・ファイナル』がクランクアップを迎えたと主演のミラ・ジョヴォヴィッチがInstagramで発表した。

 南アフリカで撮影されてきた同作。ミラは顔や胸元に傷のメイクが施されたままの状態で晴れやかな笑みを浮かべた自身の写真を日本時間10日未明にアップすると、「『バイオハザードVI:ザ・ファイナル』の最終日!! 撮影終了にとても興奮している。みんなが本作を観たら熱狂するって確信しているわ」とクランクアップを報告するとともに作品の出来に自信を見せた。

 本作は、カプコンの人気ゲームを原案にした映画『バイオハザード』シリーズ6作品目にして最終章。モデルでタレントのローラが、主人公アリス(ミラ)と共に最後の戦いに挑む女戦士コバルト役で出演していることでも話題を呼んでいる。2017年1月全世界公開。(編集部・市川遥)