ジュリア&エマ・ロバーツ

写真拡大

米FXの大人気ホラーシリーズ『アメリカン・ホラー・ストーリー』(以下『アメホラ』)の『魔女団』と『怪奇劇場』に出演していたエマ・ロバーツ。彼女の叔母がハリウッドを代表する女優ジュリア・ロバーツであることはよく知られているが、ジュリアは同シリーズに出演する気がゼロであると明かしている。米E!Onlineが報じた。

【関連記事】【お先見】ダーク、過激、スタイリッシュ! 人気ホラー『アメリカン・ホラー・ストーリー:Coven』がいよいよスタート!

ジュリアは、姪のエマが出演する『アメホラ』や米FOXの新ホラーシリーズ『Scream Queens(原題)』でクリエイターを務めるライアン・マーフィーとは、TV映画『ノーマル・ハート』と映画『食べて、祈って、恋をして』で一緒に仕事をしたことがある。それだけに、『アメホラ』シリーズへの参加も十分あり得そうだが、本作への出演を拒む理由を次のように語っている。

「(エピソードを見始めても)最初のコマーシャルまでもたないわ。ものすごい怖がりだから、『アメホラ』シーズン1のポスターを見た時、ライアンに『あなたを恨むわ。信号で止まる度にビルボードのサインを見てチビりそうになっちゃうの。あれは何なの? 一体何をしてくれたのよ!』って言っちゃったの」とジュリア。さらに、「エマのことはサポートするけど、あの作品は好きじゃないわ」と続けている。

そんな叔母の反応にエマは、「気持ちは分かるわ。だって私も(『アメホラ』最新シリーズの)『American Horror Story: Hotel』をパソコンで見ていた時、ふと自分がホテルにいることに気づいたの。だからすぐに見るのをやめて、部屋中の明かりを全部点けたままベッドに入ったわ。キャストたちのことを知っているのに、そんなの関係なく怖かったの」と理解を示している。

エマは今回は出演していないものの、マーフィーが手掛ける『American Horror Story: Hotel』は、米FXにて毎週水曜21:00より放送中。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・ラブラブのエマ・ロバーツとエヴァン・ピーターズ、NY美術館で熱烈キス!ライアン・マーフィーがHBOで新作テレビ映画を製作! 豪華キャストも決定『アメホラ』出演中のレディー・ガガ、「演じることでうつ病や不安が和らぐ」