2016年7月29日(金)に公開されることが決定!『シン・ゴジラ』ティザービジュアル

写真拡大

『ゴジラ FINAL WARS』以来、約12年ぶりとなる日本製作のゴジラシリーズ『シン・ゴジラ』が、2016年7月29日(金)に公開されることが決定!その最新ビジュアル&特報映像が発表された。

総監督に庵野秀明、主演に長谷川博己の他、竹野内豊、石原さとみが出演することが決定している本作。

ゴジラのイメージデザインには、スタジオジブリ作品などのアニメ作品の原画や、『マッドマックス 怒りのデスロード』(15年/ジョージ・ミラー監督)のコンセプトアート&デザインを担当してきた前田真宏が参加。キャラクターデザインには、『仮面ライダードライブ』で怪人デザインを担当し、『巨神兵東京に現わる』で巨神兵の雛形造形を担当した、キャラクター造形の第一人者、竹谷隆之が参加する。

今回公開されたビジュアルとともに分かったのが、ゴジラのその大きさだ!ゴジラ史上最大の118.5mとなるという。ちなみに、これまで最大とされていたのは、ハリウッド版『GODZILLA』(14年、ギャレス・エドワーズ監督)の108m。今回は、それを10メートル以上も上回り、まさに最強、最大のゴジラが誕生することとなった。

「ニッポン対ゴジラ。」というポスターコピーからも分かる通り、本作の舞台は日本!プロデューサーは「今回の特報映像は、今、日本や世界が感じている漠然とした時代の雰囲気やムードを映し出したものだと考えています」と解説。

また、イメージデザインの前田真宏は、ゴジラのデザインに関して、「庵野総監督とディスカッションする中で、日本人だけが作ることのできる、ゴジラに込められた精神性や想いをデザインに落とし込もうと考えました。戦後間もない頃に製作された初代『ゴジラ』のリアリティに対して、3.11を体験した我々だからこそ体現できる、リアリティのある、原点回帰のデザインになっていると思います」とコメント。

キャラクターデザインの竹谷隆之は「庵野総監督と前田さんが作り上げてきたゴジラのコンセプトデザインをもとに、立体物として造形していく作業を、半年以上、およそ100回ものやり取りを経て製作していきました。庵野総監督の頭の中にある“ゴジラ”の具体的なイメージは、一つ一つのディテールにも意味があり、それを具現化していく作業は、僕にとってとても刺激的で濃厚で、かつ楽しい経験でした。人類が本気で畏怖するにふさわしい存在がダントツの現実感で迫る恐怖を、僕も早く目撃したいです!」と話している。【Movie Walker】