ノーマン・リーダス

写真拡大

ゾンビがはびこる終末世界を描いた大ヒットドラマ『ウォーキング・デッド』でダリルを演じるノーマン・リーダスが、12月上旬に米ニュージャージーで開催されたゾンビ関連のコンベンション、Walker Stalker Conにて、女性ファンに噛みつかれる騒ぎが起きた。しかしノーマンは、大したことではなかったとして、女性を不起訴にする意向を明らかにしたという。

【関連記事】『ウォーキング・デッド』キャスト、ブレイク前はどうしてた? <第1弾>

この女性は、ノーマンの熱烈なファンで、彼の姿に興奮して思わず胸にむしゃぶりついてしまった模様。コンベンション関係者の話では、騒ぎが起きた際、女性は現場近くに待機していた警備員によってすぐさま会場から追い出されそうだ。ノーマンにケガはなかった。米TMZが警察から得た情報によると、ノーマンは女性を起訴しない決断を下したそうだが、コンベンション主催者は彼女に対して今後のWalker Stalker Conやノーマンが参加する関連イベントへの入場を禁じたという。

騒ぎを起こした女性は、画像共有サイトInstagramに、事件当日に撮影したと思われる写真とともにメッセージを投稿。事件について以下のように弁解している。「ようやく最愛の人に会えたのに、残り2日のWalker Stalker Conへの入場を禁じられ、ノーマンと写真を撮る貴重なシャッターチャンスを失ったのは、私が正気を失ったせい...。彼の隣に立ったらものすごく興奮して、振り返ると、彼に噛みついてたの! どうしちゃったのか自分でも分からない。傷つける気はなかったの。ごめんなさい、ノーマン!」

いきなり胸に噛みつかれたノーマンもビックリしたはずだが、女性も自分の行いに驚いているようだ。とはいえ、噛みつかれたノーマンがケガをしていたら、ゾンビが人を食うような事態に発展していただろう。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『ウォーキング・デッド』スピンオフの登場人物が明らかに!『ウォーキング・デッド』シーズン4前半を本日よりHuluにて配信開始!『ウォーキング・デッド』ノーマン・リーダスをドッキリさせた、ゾンビは実はその道の有名人!